カフェイン取り過ぎ!エナジードリンクのカフェイン量と過剰摂取

カフェイン量なんて気にしたこともありませんでしたが、
コーヒーやお茶、エナジードリンクなど
カフェインを摂取する機会っていうのは、
色々あります。

そして、
過剰摂取によって、亡くなってしまうことも・・・

エナジードリンクが好きなので他人事ではないんです。

そこで、
エナジードリンクのカフェイン量について調べてみました。

SPONSORED LINK

カフェイン取りすぎで死亡?

By: Nattu

国内初だそうですね・・・

カフェインの取りすぎで亡くなったという事例が、
九州で起きてしまったようですが、
この男性はエナジードリンクを、
多量に摂取していたようです。

【男性“死因” カフェイン取りすぎの中毒死と発表】

まさにニュースの動画になりますが、
錠剤なども使用していたと紹介されています。

亡くなる1週間前からは、
特にカフェインを飲んでいたということで、
過剰な量の摂取になってしまっていたようです。

眠気防止にもたくさん飲んでいたようです。

様子としても、
かなり危険だったみたいですね。

このニュースが報道されてからというもの、
私の周りでも
ちょっとエナジードリンクが話題になりました。

飲み過ぎは危険なんじゃないかと・・・

さすがにこういった事故が起きてしまうと、
嫌でも意識してしまいます。

 

エナジードリンクのカフェイン量

By: Kojach

それでも、むやみやたらに怖がっていては、
何も前には進めませんので、
まずはエナジードリンクのカフェイン量を調査しました。

・レッドブル:80mg(250ml)
・リゲインエナジードリンク:63mg
・バーン:96mg
・モンスター:142mg
・スタバ:22mg

日本でのエナジードリンクの先駆け
ともいえるレッドブルは80mgです。

全体から見れば、
それほど多くもない感じでしょうか。

それに対して、
コンビニなどでよく見るようになったモンスター
142mgです。

圧倒的な量と言うことが出来ますね。

どれも飲み過ぎは危険ですが、
カフェイン量だけで言えば、
モンスターが一番危険だと言えます。

 

カフェインの過剰摂取で起こること

カフェインを過剰に摂取すると、
様々な症状が出ます。

動機、胸やけ、不安、

身体の痙攣、頭痛、不眠

などがあげられます。

でも、
これらを解消するために飲んでいるという人もいると思います。

しかし、
それはあくまで一時しのぎにしかなっていないということです。

もしかしたら、
既にカフェイン中毒になっているかもしれません。

普段からエンジードリンクを愛飲している人は、
これらの症状が出た場合は、
カフェインも原因の1つとして疑ってみましょう。

 

エナジードリンクの上手な使い方

エナジードリンクの危険性について紹介してきましたが、
上手に付き合えば決して悪いものではありません。

あくまで飲み過ぎは厳禁だということです。

では、上手な使い方とは?

・リフレッシュしたい時
・ちょっと頑張りたい時
・清涼飲料水として楽しみたい時

こういった時にエナジードリンクはオススメです。

ただし、
ちょっと頑張りたい時は毎日、続くようであれば禁物です。

ことあるごとに飲むことに繋がってしまいます。

毎日、頑張らないといけない人は、
食事などの、根本的な生活から見直して頑張りましょう。

エナジードリンクは

あくまで一時的なしのぎにしかなりません。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)