緊張をほぐす方法をスポーツで応用。リラックスできる薬ってあるの?

緊張すると
どうしても身体が硬くなります。

そうなると
スポーツでもビジネスでも良い結果は出せないですよね。

でも、そうは言っても
緊張はいやおうなしでもしてしまうんです。

そこで、緊張をほぐす方法を学んで
スポーツに応用したいと思います。

これで本番も力を発揮出来るはずです。

SPONSORED LINK

緊張するメリット、デメリット

By: Doing

人前に立つと緊張してしまう。

本番前に緊張してしまう。

こういった経験がある人は多いと思います。

そして、その緊張のせいによって、
思うような力を発揮出来ぬまま終わるなんてことも・・・

まさに、これが、緊張がもたらすデメリットと言えます。

ただ、緊張も悪いことばかりではないのです。

反対にメリットもあります。

例えば、程よい緊張であれば、集中力をアップし、
いつも以上の力を出すことが出来ます。

ポイントは過度の緊張ではないことです。

あくまで適正な緊張であることが、
力を発揮することに繋がるのです。

 

緊張をほぐす方法とは

そうは言っても、
緊張は意思とは関係なくやってきます。

緊張したくなくても、緊張してしまうのです。

そこで、
そういった時に緊張をほぐす方法を紹介します。

 

:意識的に深呼吸

意識的に大きく息を吸ったり吐いたりすることで、
緊張を和らげることが出来ます。
お腹が膨らむイメージを持つと上手くいきます。

 

:ツボ押し

緊張に効果的なツボ、合谷を押してあげます。
これはどこでも出来るので、
いつでもどこでも緊張をやわらげられます。
合谷の箇所としては、親指と人差し指の付け根の間です。
こちらを参考にして下さい。

【合谷の簡単探しかた】

合谷の探し方を紹介した動画になります。

親指と人差し指の付け根の間に、
もう一方の親指の第一関節を当てます。

そのまま指を倒したところが合谷の場所になります。

この方法なら簡単に探すことが出来ますよね。

これが私が実践している緊張をほぐす方法です。

大きく呼吸をしながら、合谷を刺激してあげます。

これだけでだいぶ緊張がほぐれますよ。

 

ほぐす方法をスポーツで応用

ほぐす方法はスポーツでも応用出来ます。

応用というほどのものではありませんが、
試合が開始される直前まで実践すると良いでしょう。

また、
ゲームの流れが悪くなった時などは、
この方法を実践すると良いです。

緊張していると思ってなくても、
流れが悪いと感じている時は思いの他、
緊張しているものです。

 

リラックスできる薬はある?

By: OiMax

こういった方法でも緊張がほぐれず、
リラックス出来ない場合、
薬に頼るという方法もあります。

抗不安薬という薬は、
不安を取り除いてリラックス効果をもたらしてくれます。

ただし、
薬を使うのは最後の手段であることを理解しましょう。

医師の指示に従わなければなりませんし、
通常の緊張程度に使われるものではありません。

自らの努力で乗り越えることをまずは検討しましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)