衛生管理者の合格率◯%!難易度このくらい!おすすめテキスト紹介

衛生管理者の合格率というのは
どの程度なのでしょうか?

試験の受験を考えておりますが、
難易度を事前に把握しておきたいと思います。

また、
今、進めているテキストでおすすめ紹介します。

このテキストできっと受かると思って勉強しています。

SPONSORED LINK

衛生管理者とは

衛生管理者というのは、
衛生に関する管理を行う人のことです。

50人以上の事業所には
選任することが義務づけられています。

では、
実際にどういったことをするのでしょうか?

一言で言えば、
労働者の健康や危険を守るための活動ということになります。

例えば、
安全についての教育を行ったり、
災害が起きた際に原因調査や再発防止を行います。

1週間に1回以上の巡視も仕事の1つになります。

この衛生管理者について、
今回、新たに資格取得を命じられたため、
試験に臨むことになったのです。

 

衛生管理者の合格率

衛生管理合格率
衛生管理者の合格率になりますが、
国家試験の中でも、
衛生管理者の合格率は高いと言われています。

その数値は54%です。

つまり、
2人に1人は合格する計算になります。

ただし、逆を言えば、
2人に1人は不合格となるとも言えます。

そう考えると
試験である以上は決して気は抜けないのです。

ただし、
合格率数%のような難関ではありませんので、
それほど構える必要もありません。

 

衛生管理者の難易度

衛生管理者難易度
先ほど、衛生管理者の合格率について説明しましたが、
そこからも分かるように難易度は高くありません。

しっかりと勉強し、対策すれば
合格することが出来るレベルです。

これは資格が必要だ
という側面からも考えることが出来ます。

企業が運営する上で必要となる衛生管理者の資格ですが、
あまりにも難易度が高すぎると
会社の運営が成り立たなくなります。

それは周り回って
国の経済にも関わってくることになりますので、
しっかりと勉強さえすれば合格出来る難易度になっているのです。

また、試験は、
毎月1~3回と受けるチャンスがたくさんあります。

合格率がそれなりで、受けるチャンスが何度もあれば、
資格を手にすることは難しくないということになります。

こういった点から
衛生管理者の難易度はそれほど高くないということが分かりますよね。

 

おすすめテキスト

衛生管理者テキスト
衛生管理者の資格を取得する上で
おすすめテキストがあります。

「最短合格 第1種第2種衛生管理者 スピードテキスト&問題集/TAC」

は、数ある参考書の中でも特にオススメです。

資格試験を専門にしたTACが作っていること、
内容も分かりやすく、
誰にでも理解出来るように作ってあります。

改訂版もたくさん出ていて、
その都度、対応したものを作成しているのも、
オススメのポイントの1つです。

 
また、
最近はアプリでも勉強することが出来ます。

・衛生管理者 第一種 国家試験 過去問題集

ちょっとした時に
スマートフォンで学ぶのにはピッタリのアプリです。

電車の移動中などにササっとアプリを軌道すれば、
移動時間が有意義なものに変わります。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)