羽毛布団は干すの?頻度と時間で上手な干し方とは

羽毛布団のお手入れをする中で
日光に干すということは大切です。

でも、どの程度、干せば良いのか
分からない人も少なくありません。

そこで、
羽毛布団のお手入れ方法について教えちゃいます。

頻度と時間、
この2つを抑えれば上手に干せますよ。

SPONSORED LINK

羽毛布団のお手入れ

羽毛布団のお手入れを考えた時に、
何をすれば良いのか分からない人も多いのでは?

そんな方のためにまずはこれを紹介します。

【羽毛ふとんのお手入れ】

羽毛布団のお手入れ方法を紹介した動画になります。

羽毛布団は、呼吸している
と説明されていますが、
そのために
念入りなお手入れは必要ないのです。

動画にあるように主にやることは2つです。

・毎日、布団を敷いた時に足元から空気を入れる。
・定期的に干す。

これだけで十分なのです。

ダニの心配をされる方もいますが、
羽毛布団は、
つぶし加工というものが施してあるので、
そういった心配もないのです。

そのため使い勝手としても非常に優秀なんです。

 

羽毛布団は干してもいい?

羽毛布団は干しても良いのか?

これは先ほども説明しましたが、
干しても大丈夫です。

しかし、
頻繁に干す必要はありません。

そもそも羽毛布団は呼吸する布団であり、
吸湿や発散というところで非常に優れています。

ただし、
日光消毒がどうしても必要となるため、
定期的に干すという作業は必要になります。

 

羽毛布団の上手な干し方

By: Kuruman

羽毛布団を干しても良い
ということが分かったので、
次は羽毛布団の上手な干し方について説明します。

羽毛布団を上手に干すためには、
頻度と時間、
この2つだけを意識すればOKです。

頻度は、
月に1~2回程度で問題ありません。

それだけ!?
と思うかもしれませんが、
羽毛布団そのものが呼吸しますので、
その程度で問題ないのです。

では、時間帯ですが、
午前10時ぐらいから午後3時の間で、
3時間ぐらい干して下さい。

そして、ポイントとしては、
直射日光には当てないということです。

乾燥していて、風通しの良い日陰で干して下さい。

直射日光や、日光の跳ね返りが強いところでは、
羽毛布団が痛んでしまうことになるので、
厳禁です。

どうしても日陰で干せないという方は、
羽毛布団の上に布を当てて、干しましょう。

そうすることで、
日陰で干しているのと同様の効果を得ることが出来ます。

その際の注意点は
日光の跳ね返りが強くないところということです。

これらを守って、羽毛布団を干しましょう。

 
関連記事:「羽毛布団の打ち直し価格」
関連記事:「羽毛布団の寿命はどのくらい」
関連記事:「羽毛布団のあったかい使い方」

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)