土用の丑の日はいつ?2016夏もウマい鰻が食べたい!

テレビでウナギの美味しそうな映像を見ると
土用の丑の日をめっちゃ意識します。(笑)

でも、やっぱりうなぎが大好きなので、
土用の丑の日は正々堂々食べれるチャンス!
ちょっと高くても奮発してしまいます♪

今年は
どこの美味しいお店でうなぎを食べようか
考えているところです。

SPONSORED LINK

2016の夏、土用の丑の日はいつ

2016年の夏も
土用の丑の日がありますが、
それは具体的にいつなのか?

ズバリ、7月30日 です。
しかも、ちゃんと「土曜日」笑

うん、待ちきれないですね♪

毎年、
夏の暑い時に土用の丑の日がありますが、
この日はスーパーなどにもたくさんの鰻が並びます。

我が家でもスーパーで買ってきたり、
少し奮発して美味しいお店で食べたりしています。

1年の中でも最も鰻が売れる日と言っても、
間違いない時ですよね。

 

土用の丑の日とは

By: yoppy

今では
鰻を食べる日と認識している人も多い土用の丑の日ですが、
そもそもどうしてこの日に鰻を食べるようになったのか?

この由来や意味には、
実は鰻屋さんを助けた物語が隠されています。

時は江戸時代に遡りますが、
その頃は土用の丑の日に鰻を食べる習慣というのはなく、
夏はどちらかと言えば、鰻が売れない季節でした。

これに困ったのが鰻屋さんです。

どうにかならないものかと
平賀源内さんに相談をしたのが始まりです。

平賀源内さんは知恵を絞り、
お店の前に丑の日という張り紙を貼ることを提案しました。

当時、丑の日には
「う」から始まるものを食べると夏負けしない
という風習があり、
この風習を逆手にとった張り紙作戦でした。

この作戦は見事に成功して、
鰻が売れることになったわけですが、
この時の流れから
土用の丑の日には鰻が食べられるようになったのです。

へ〜、なるほど、面白いですね。

 

美味しい鰻が食べたい

せっかく食べるのであれば、
美味しい鰻を食べたいですよね。

鰻も色々と食べていると美味しいものや、
ちょっとイマイチなものまで様々です。

また、
家で食べるにしても調理の方法によって、
味がぐっと違ってきます。

その辺りのポイントをしっかりと抑えて、
美味しい鰻に下鼓を打ちたいものです。

 

美味しい鰻のお店

今年、我が家が迷っているお店が数件。

どれも美味しい鰻屋さんばかりですが、
その鰻屋さんを紹介します。

 

明神下神田川

東京、末広町の名店です。
お座敷で高級感溢れる鰻は雰囲気だけで大満足。
もちろん味も大満足です。

 

石ばし

老舗の有名な鰻屋さんです。
江戸川橋にありますが、土用の丑の日には大混雑するという噂です。
予約を取るのも難しく、食べれたらラッキーなお店ですね。

 

かぶと

食べログで圧倒的な評価を得たのがこのかぶとです。
私が今、一番気になっているお店でもあります。
鰻の神様と呼ばれる人が店主だということで、
どんな鰻が出てくるのか、一度は見てみたい。

 

今年はお店にしようか迷っていますが、
お店ならこういったところに行ければなって思ってます。

もちろん予約が取れたらの話なんですけどね。

 

お家で鰻を美味しく食べたる方法

お店で食べるばかりが美味しい鰻ではありません。

家でみんなでゆっくり食べるのも美味しい鰻ですよね。

ただ、家で食べる場合は、
美味しい調理方法が大切です。

そのためにひと手間加えることです。

我が家ではスーパーで鰻を買ってきますが、
買ってきたらすぐに上にかかっているタレを取っちゃいます。

そして、水気を取ったら、
お酒をかけて、魚焼きグリルで焼きます。

こうすることで
ふんわりした鰻を食べることが出来ます。

焼いている途中でタレを少し塗ってあげると、
良い感じに焦げて良い香りになりますので、
ぜひやってみて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)