マイコプラズマ肺炎の治療法。薬や食事で効果的な方法は?

マイコプラズマ肺炎の治療法は基本的には薬の投薬となります。

症状が酷い場合は、
外来での「点滴」や
場合によっては「入院」というケースもまれにあります。

しかし、
症状がそれほど重くならないというのが特徴のマイコプラズマ肺炎ですので、
入院となるケースはほとんどないようです。

自然治癒が可能だと言われていることも多く、
しっかりとバランスの取れた食事や睡眠などで治せることも多いようです。

今回は
マイコプラズマ肺炎に感染した際の
治療法や気をつけるべき食事などについて説明します。

SPONSORED LINK

どんな治療を行なうのか?

マイコプラズマ治療する先生
マイコプラズマ肺炎の
治療の大部分は外来での薬の投薬になります。

症状が軽いために
学校などに通いながら薬で治してしまうケースも少なくありません。

重症化するケースもありますが、
入院などになる場合は
マイコプラズマ肺炎以外にも原因がある
というパターンも多くなっています。

マイコプラズマ肺炎自体を治療するのは
それほど難しくないと言えます。

 

治療薬は?

マイコプラズマ肺炎で注射する画像
マイコプラズマ肺炎で注意するべきは「治療薬」です。

なぜなら
通常、風邪などに処方される薬が
マイコプラズマ肺炎には効かないためです。

しかし、
症状が軽く、肺の音も悪くならないために
マイコプラズマ肺炎だと気付かずに処方されるケースがあります。

風邪の薬を飲んでも症状が良くならない場合は、
マイコプラズマ肺炎の可能性を疑うことが大事です。

マイコプラズマに効果があるマクロライド系の薬が
しっかりと処方されれば治療には問題ありません。

この動画の中でも述べられていますが、
処方された風邪薬で症状が良くならない場合、
マイコプラズマ肺炎の可能性を視野に入れたほうが良いです。

【健康講座 マイコプラズマ肺炎】

 

食事で気をつけること

マイコプラズマ肺炎で摂る食事
食事で気をつけることは
バランス良く食べることです。

あれがダメ、
これがダメ
というのはありません。

ただし、
「飛沫感染」や「接触感染」が主な感染経路ですので、
同じ食卓を囲む場合は
そういった感染経路から感染しないようにするのが大切です。

感染力は強くないものの
感染する可能性がある期間が長いのが特徴ですので、
その間は十分に配慮したほうが良いです。

 

治療に効果的な方法は?

マイコプラズマ肺炎で注意点
マイコプラズマ肺炎は
自然治癒も可能だと言うお医者さんも多いのが実情です。

アロマなどを効果的に用いることで症状の緩和を図れますので、
それで自然治癒するというのも悪くはありません。
(ただし、症状には十分に注意ですが…)

症状の緩和に効果的なアロマは
ペパーミントユーカリなどになります。
希釈して胸に塗るのも効果的で
症状を緩和できる楽になります。
(ヨーロッパではアロマテラピーは医学です)

 

どうやって予防する?

マイコプラズマ肺炎は子供に発症しやすいですが
大人でも感染してその症状が出てしまいます。

マイコプラズマ肺炎の予防は
「手洗い・うがい」が最も効果的な方法になります。

また、抗体が長くは持ちませんので、
一度感染したからと言って、
油断してはいけないというのも大切なことになります。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)