禁煙の離脱症状ピーク期間いつまで?めまい軽減する方法は?

禁煙していると辛いのが離脱症状です。

この離脱症状が辛いために
禁煙を断念する人も少なくないと思います。

しかし、
この離脱症状もピークがあります。

ずっと続くわけではありません。

めまいなどを軽減させながら、
ピークが過ぎるまで何とか乗り切りましょう。

SPONSORED LINK

なかなかできない禁煙

禁煙については
分かっていてもなかなか出来ない
というのが現実ではないでしょうか。

実際、
周りに聞いても
禁煙したけど失敗したなんていう話を聞くと、
自分はいいやと思ってしまいがちです。

また、
禁煙するにあたって
失敗したらどうしようとか、
離脱症状が辛そうだとか、

やらない理由はいくらでもあります。

こういった理由が
なかなか禁煙を出来なくするわけですが、
実はそれほど重く考える必要はないのです。

離脱症状は緩和することが出来ますし、
ピークを越えれば大して気になりません。

不安になる方は、
失敗するつもりでチャレンジしてみれば良いのです。

多くの成功者は
数々の失敗を乗り越えて成功に至っています。

禁煙成功のための一歩だと思えば、
踏み出すのも軽くなるのではないでしょうか。

 

禁煙の離脱症状とは

By: Piutus

禁煙を始めるにあたって、
気になるのは離脱症状です。

この離脱症状が辛くて止める人もいるほどですから、
多少の辛さは伴います。

私の場合は、めまいがありました。

突然、ふらっとめまいがするのに最初こそ、
かなり苦労しましたが、
それもピークを越えれば大したことはありません。

ちなみに、他の症状としては・・・

・集中力の欠如
・頭痛
・眠気
・不眠
・だるい

これらの症状は
人によって千差万別なので、
あくまで目安として考えると良いでしょう。

 

禁煙の離脱症状期間はいつまで?

禁煙の離脱症状ですが、
ずっと続くわけではありません。

その点は安心して下さい。

では、いつまで続くかというと、1か月あれば収まるのが大半です。

早い人であれば2週間程度もあれば、
ピークを越え、症状はほとんどなくなります。

禁煙を始めて、
めまい等で止めてしまうのはもったいないと考え、
ピークが過ぎるまで何とか続けてみましょう。

 

めまいを軽減する方法

私が経験した離脱症状はめまいでしたが、
これを軽減する方法があります。

全ての人に効果的か分かりませんが、

敢えてタバコのことを考える。

という方法になります。

そんなことしたら
余計に吸いたくなっちゃうじゃないか
と聞こえてきそうですが、
めまいがする時というのは、
たいてい、タバコのことを考えてしまいます。

他のことで気を紛らわそうとしても私は無理でした。

そのため、
タバコのことを考えることにするのです。

ただ、吸いたいと考えるのではなく、
どうして禁煙するに至ったか
を考えるようにしました。

そうすると
タバコでの嫌な記憶がよみがえってくるのですが、
これが自然とめまいを抑えてくれました。

めまいに悩まされている方は
ぜひ一度、試してみて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)