大人のマイコプラズマ肺炎の症状に薬は効果的?仕事でうつる?

マイコプラズマ肺炎という肺炎があります。

通常言われる「肺炎」とはちょっと異なる肺炎ですが、
薬で治せるケースが多いというのが特徴の1つです。

症状としては「あまり重くない」ことが多いのですが、
もちろん肺炎であるために油断は禁物です。

全国的に流行ることもあるようですが、
あまり知識を持っていない人も少なくありません。

そこで今回は
マイコプラズマ肺炎について説明したいと思います。

SPONSORED LINK

マイコプラズマ肺炎って何?

マイコプラズマ肺炎の説明
マイコプラズマ肺炎というのは
簡単に言えば「変わった肺炎」になります。

肺炎に変わったというのも不思議ですが、
通常の肺炎とは様々な点で違いがあります。

どんな違いかというと下記のような違いです。

  ・通常の肺炎とは違いあまり重症にはなりにくい
 ・聴診器で肺の音を聞いても悪い音が聞こえてこない
 ・原因が細菌より小さく、ウイルスより大きい病原体

通常の肺炎と違い
重症になりにくいというのは幸いではありますが、
同時に見つけにくいというのも落とし穴の1つで
お医者さんでも気付かないケースがあります。

 

大人でもなるの?

By: DVIDSHUB

マイコプラズマ肺炎は
お子さんの間で流行ることが多いですが、
大人でももちろん感染します。

大人が感染した場合も
子供の場合と同様に咳や発熱がみられます。

ただし、大人だからと言って重症化するわけではなく、
あくまで通常の肺炎よりも軽いものであることが多いです。

身体は元気な場合もあるので、
風邪と勘違いして日常の生活を送ってしまう人もいます。

 

クスリは効果的?

マイコプラズマ肺炎の治療を行う上で、
クスリは効果的です。

これは子供でも大人でも変わりません。

重症化すると点滴を打ったり、
入院したりというケースもありますが、
特に入院は稀なケースです。

こちらの動画でも紹介されていますが、
外来のクスリの投薬で治療を終えてしまうことが大部分です。

ただし、
外来でよく出される風邪クスリの類は効果がないので、
その点は注意が必要です。

【健康講座 マイコプラズマ肺炎】

 

他の人にうつる?

マイコプラズマ肺炎がうつってしまう!
マイコプラズマ肺炎は他の人に伝染します。

集団感染などもあるくらいですが
感染力はそれ程度強くはないと言えます。

潜伏期間と発症期間が長いので感染しやすいのです。

「飛沫感染」と「接触感染」が主な感染経路になっています。

ですので、
マイコプラズマ肺炎に感染したら
むやみに外出しないことですが、
外出する時は
マスクなど他人にうつさないための配慮が非常に大事になります。

 

仕事には行くべき?休むべき?

休めるのであれば休むほうが良いのは間違いありません。

むしろ休みたいという人もいるかも…笑

ただし、
マイコプラズマ肺炎は
他人に感染する期間というのが長い
のも特徴の1つですので、
ずっと休むというわけにはいかないのが現実だと思います。

であれば、
しっかりと対策して他人に注意しながら
仕事するしかありませんよね。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)