金環日食 ピンホールカメラとメガネの作り方

金環日食を観察する際に
絶対にやってはいけないのが、
直接見ること
です。

目に深刻なダメージとなる可能性があるので、
これだけは絶対にやってはいけません。

そこで、
そんな時に役立つのが
ピンホールカメラ専用のメガネです。

今回、この作り方を教えたいと思います。

お子様とぜひやってみて下さい。

SPONSORED LINK

金環日食を見るために

日食が起きると分かると、
ニュースなどで報道されます。

そうなると
世間は日食を見ようということで
色めき立つわけではありますが、
そんな売れるのがピンホールカメラやメガネです。

これは金環日食を見るために必要なもので、
これがなければ見ることは出来ません。

肉眼でも見れるんじゃないか
と考えている人は、非常に甘い考えということになります。

日食と言っても、太陽光が漏れていますので、
直接見れば、まぶしいくらいです。

日食している部分は見ることが出来ません。

そこで必要になってくるのが
ピンホールカメラやメガネということになるのです。

 

ピンホールカメラの概要と作り方

ピンホールカメラなんていうのは
日食の時でもないと接する機会がありませんが、
ようは小さな穴が開いた筒になります。

この穴から太陽の光を通すことで、
日食しているのが影になって分かるのです。

時間とともに太陽の影の形が変わっていくのが
まさに日食の様子になるわけですが、
そのような観察に必要なものとなります。

概要としては
筒に小さな穴が開いたものとなるのですが、
作り方としても
身近にあるもので作れますので、非常に簡単です。

作り方としては、
ラップの芯の片方にアルミを張ります。

そのアルミ部分に小さな穴を開けます。

反対方向に白いレジ袋を張ります。

たったこれだけです。

これで日食の様子を観察すると、
かけているのを観察することが出来ます。

ちなみに、
実際にこういったものを用いて観察すると、
このような形になります。

【日食観察会2 ピンホール】

学校の屋上で日食を観察している様子です。

太陽の形が欠けているのが分かるのではないでしょうか。

このようにピンホールカメラを使うと、
影を通して日食の様子を見てとることが出来るのです。

 

メガネの作り方

By: FabCafe

直接、
空を見上げて観察したいという人もいるかと思います。

そういった人に必要なのがメガネということになります。

専用のものも売られていますが、
フィルターさえあれば、
自分でも簡単に作ることが出来ます。

厚紙にパンチで穴を開けて、
専用のフィルターを張るだけです。

たったこれだけ。

これでメガネの完成です。

問題は専用のフィルターが
どこでも売り切れになってしまうことです。

やはり日食の時は皆、われ先に買い求めますので、
出来るだけ早く調達しておくのが良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)