結核菌の感染経路とは。簡単にうつる?症状と治療法は?

結核菌は
簡単にうつるものなのでしょうか?

結核は怖い病気だと思います。

予防接種なども進んでいるし、
治療も出来るようになっていますが、
油断は禁物ですよね。

特にこれから年齢を重ねてくると余計に怖い。

結核菌について色々と調べてみました。

SPONSORED LINK

結核菌とは

結核菌というのは、
結核を引き起こす原因となる菌のことです。

かつて結核というのは
非常に怖い病気の1つでした。

現代の医療技術の進歩が進み、
それほど恐ろしいものではなくなったものの、
感染しやすさなどを考えれば安心は出来ません。

この結核菌は
身体の中に入り結核を引き起こすわけですが、
肺を始めとして、
様々な臓器に巣食うことになります。

多くは肺に巣食うことが多く、
その場合は肺結核を引き起こすことになるのです。

 

結核菌の症状

結核症状
結核菌に感染した時の症状ですが、
カゼに似ている症状となります。

そのため
初期症状では結核と気付かず、
症状が進行してしまうことに繋がります。

具体的な症状としては、
発熱だるさなどです。

しかし、
症状が進むと血痰(けったん)が出るようになり、
ここで気が付くケースも多いです。

何事も
初期の段階で治療を開始することが大切で、
結核についても同様です。

しかし、
風邪と症状が似ているために、
どうしても見過ごしがちになります。

 

感染経路はどのルート?

空気感染
結核で注意しなければならないのは、
他人にうつるということです。

自分だけで完結するものであれば、
それほど大きな心配はいりません。

しかし、
他人にうつるということであれば、
感染経路などに注意しなければなりません。

これは自分が患者の場合も、
近くに患者がいる場合も同様です。

通常、
結核菌の感染ルートとしては空気感染になります。

結核の方が
せきやくしゃみをする際に、
身体の中から結核菌が飛び出します。

その空気中に飛び出した結核菌を
吸いこむことで他人にうつるのです。

そのため、
空気中に結核菌を飛散させないように
マスクをするなどの対策が必要です。

 

治療法は

結核菌で入院治療
結核の治療法としては、
薬剤の服用です。

基本的には薬で治しますが、
複葉機何としては長く6か月程度です。

また、結核になった場合は、
他人にうつさなくなるまでは入院となります。

2か月程度の入院が平均的な日数ではありますが、
かなり長い期間となりますね。

そして、この治療中ですが、
他人に移さないためには消毒も必要です。

ただし、過度な消毒は必要ありません。

例えばリネン類であれば、
日光消毒などにより十分な消毒効果を得ることが出来ます。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)