『パナマ文書』日本人と日本企業のリストがヤバい?

最近、
何かと話題になっているパナマ文書

租税逃れやタックスヘイブンという言葉はよく聞きますが、
具体的に何が行われているのか分かっていません。

どうやらその文書には
日本企業の名前も掲載されているみたいですね。

今回、パナマ文書について調べてみましたので、
これからという人は一緒に学んでみましょう。

SPONSORED LINK

パナマ文書とは

パナマ文書
パナマ文書というのは、
パナマの法律事務所から流出した文書のことです。

この文書に書かれているのが問題で、
租税逃れをした方々や企業名の名前が掲載されていました。

いわゆる税対策ということになりますが、
大事なのは特別悪いことをしているわけではないということです。

一応、法律内での活動を行っているわけではありますが、
大規模な租税逃れということで大きな話題になっているわけです。

こうしたニュースが流れるのも話題になる要因ですよね。

【「パナマ文書」問題 G20“課税逃れ対策”で声明】

国際的な問題になっていることがニュースになっています。

課税逃れに対しての対策を話し合ったようですが、
ペーパーカンパニーの問題など解決するのでしょうか?

こういったニュースが続けば続くほど、
パナマ文書っていうのが、
いかに大事な文書だったかが分かりますね。

 

日本人&日本企業リストについて

パナマ文書
ニュースを見ていて思うのは、
パナマ文書は、
海外の方の名前ばかり出てくることです。

これだけ見ていると
日本には関係ないのかなって思ってしまいますが、
決してそんなこともありません。

セコムの創業者である飯田さん、
丸紅、ファーストリテイリング、バンダイ、JAL…
これらは全てパナマ文書に名前が掲載されていた個人及び企業名です。

具体的に
どういった関わりがあったかというのは明らかにはなっていませんが、
日本でも名だたる企業の名前が掲載されています。

つまり、租税逃れしていたということですよね。

日本のテレビでは
スポンサーの関係などもあって報道が少ないようです。

テレビを見ている人たちは
いわゆる情報操作されていることになります。

 

パナマ文書の今後と日本

パナマ文書
パナマ文書については、
これからも様々なことが明らかになっていくと思います。

そして、
今回のような租税対策について対応なされていくでしょう。

一方、
日本ではあまり状況は変わらないんじゃないかと思います。

既にパナマ文書が海外での出来事で、
日本には関係ないと思っている人も多いのではないでしょうか。

そういった状況では、
誰も責任追及する人がいませんので、
今まで通り行われるだけです。

そして、
日本が逃した税については、
別のところから徴収されることになります。

それはつまりは、パナマ文書が海外のことで、
自分には関係ないと思っている方なのかもしれませんよね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)