大腸がんの初期症状は「おなら」が兆候のポイント?

恥ずかしい話ですが、
おならが最近出るようになり、ニオイも臭くなってきました。

大腸がんっていうのは、
初期症状はおならだと聞いたことがありましたけど、
この症状っていうのは、大腸がんに繋がっているのでしょうか。

不安になっているので調べてみようと思います。

色々、調べてみて
違うということをハッキリさせたいですね。

SPONSORED LINK

大腸がんの症状

By: Holly Lay

大腸がんに限らず、
がんというのは、早期発見が非常に重要です。

いかに早くがんを見つけ、それを治療することで、
完全に治療出来る可能性っていうのが
ぐっと高まることになります。

がんは進行状況によって自覚症状が異なり、
大腸がんも同様です。

大腸がんは
初期の段階では、症状が非常に分かりづらいがんになります。

これはすなわち早期発見が難しいということになります。

進行することによって、
少しずつ自覚症状が出てくるわけですが、
症状としては下記のようなものがあります。

・血便
・下血
・便が細くなる
・お腹の張り
・腹痛
・貧血
・嘔吐

血便や下血なら
異常だとハッキリと分かるかと思いますが、
それ以外の症状を見てみて下さい。

どれも大腸がんでなくても起こりえるものばかりです。

むしろ、
これらの症状で
大腸がんの疑いを持つほうが難しいのではないでしょうか。

このように大腸がんの症状は、
それ以外でも起こりえるものばかりですので、
なかなか判断が難しいと言えます。

 

初期症状とおなら

大腸がんの初期症状を考える時に
おならは外せません。

そして、今回、
私が調べてみようと思ったのもこのおならがキッカケです。

大腸がんの初期症状として、
おならの変化は非常に分かりやすいものです。

大腸がんになると、
おならの回数が増え、刺激臭などが強くなるためです。

ただし、これも難しいところで、
おならの臭いというのは、
体調や食べ物によって大きく左右されることになります。

誰にでも経験があるかと思いますが、
臭い日もあれば、無臭の日だってあるのです。

また、
いちいち自分のおならの臭いをチェックしている人は、
ほとんどいないでしょう。

しかし、
これは早期発見のために重要なことですので、
気になり始めたらこっそりチェックするなどして、
自身の変化には敏感になっておくべきです。


 

大腸がんと腹痛

By: Treasure

大腸がんが進行する中で、
激しい腹痛に見舞われることがあります。

これは
がんによって大腸が狭くなり、
その部分を便が圧迫するためです。

この症状を放ったままにしておくと、
腸閉塞になり、おならが止まり、
嘔吐の症状などを引き起こすこともあります。

こうなってからは既に手遅れということも少なくありません。

それ以前の段階で出来るだけ早く見つけたいものです。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)