紫外線アレルギー 子供はどんな症状?治し方と対策とは。原因は何?

子供の紫外線アレルギーが怖いよ
という話を聞いて、不安になっています。

すぐに発症することはないんでしょうけど、
色々と調べてみました。

案外、知らないお母さんも多いみたいですが、
無防備に遊ばせるのも不安になってきますね。

治し方や対策なども調べてみましたので、
お子さんがいる家庭は参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

紫外線アレルギーとは

By: Hungju Lu

子供が出来て
初めて紫外線アレルギーについて知ることになりました。

そもそも紫外線アレルギーっていうのは・・・

【あなたもなるかもしれない!】

こちらの動画で解説されていますが、
紫外線によって引き起こされるアレルギー反応です。

アレルギーっていうのは
食物だったり、動物だったりと色々ありますが、
その紫外線バージョンっていうことになります。

紫外線アレルギーを引き起こすと
肌トラブルなどを引き起こすことになるわけですが、
そのための対策として日傘や日焼け止めが効果的です。

ただ、紫外線っていうのは
日光が当たるところならどこでもありますので、
一度発症してしまうと、
その後の生活っていうのは、かなり不便なものになるみたいですね。

 

子供がなる原因は?

紫外線アレルギーですが、子供がなる原因としては、
日光の浴び過ぎによるものです。

我が家も子供たちを外で遊ばせることが多いのですが、
太陽の光が降り注ぐ中、
外で遊ぶ子供たちを無防備にさらすっていうのは実は大変危険なのです。

アレルギーなので体質によるところが大きいのですが、
日頃から日光に当たり続けることで紫外線にさらされ、
許容範囲を超えたところで、紫外線アレルギーの発症ということになります。

外で遊ばせることは子育てする上で大切なことですが、
その紫外線対策っていうのは
しっかりとしてあげることも重要だということです。

 

治し方

紫外線アレルギーになった後というのは、
抗アレルギー薬で治療することが多くなっています。

これはアレルギー症状を抑える薬になりますが、
完治しないこともあり、
アレルギーと長く付き合っていかなければならないケースもあります。

また、軽度の症状の場合は
ステロイドが処方されることもありますが、
これはあくまで肌の症状の改善のためであり、
アレルギーの根本的な治療にはなりません。

やはりアレルギーは一度、発症してしまうと、
完治させるのは難しいというのが現状のようです。

 

対策は?

紫外線アレルギー対策
紫外線アレルギーの対策ですが、
紫外線を浴びないということにつきます。

そのためには、
サングラス、日傘、日焼け止めなどを駆使することが大切です。

子供の場合は、
日焼け止めを塗ってあげるのでは良いかと思います。

サングラスや日傘をしていては、元気に遊べないですからね。

汗などで流れてしまうこともあったり、
肌の体質に合う合わないもありますので、
その辺りはしっかりと管理してあげると良いでしょう。

人は一生のうち浴びる紫外線の半分は、
20歳ぐらいまでで浴びてしまうと言われています。

つまり、子供のうちにどれだけ対策しておけるかが、
将来の紫外線アレルギー発症の対策にも繋がるということになります。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)