高校生の夏休みの過ごし方は暇を作らずバイトや体験に時間を使え!

高校生の夏休みの過ごし方というのは、
まさに十人十色って感じですね。

私も高校生の頃はいろんなことをして過ごしました。

しかし、
最近は何をして良いか分からない学生がいるとか・・・

そんなの、もったいない!!

そこでオススメの夏休みの過ごし方を紹介します。

SPONSORED LINK

高校生の夏休み

By: scion_cho

高校生の夏休みっていうのは、
人生の中で3回しかありません。

1年生、2年生、3年生ってことですが、
この夏休みをどう過ごすかっていうのは非常に大切です。

今や大学生になった私も
数年前までは高校生でした。

その高校生時代には、
夏休みっていうと心躍ったわけですが、
3回の夏休みで色々なことを体験した気がします。

思えばここの想い出が一番濃いかもっていうくらいです。

友人の妹が
夏休みは何をして良いか分からないと言っていて
聞いた時はビックリしましたが、
それこそ好きなことすれば良いのにっていう感じですね。

 

夏休みのオススメな過ごし方

By: Lordcolus

何をして良いか分からない高校生に送る
オススメな過ごし方を紹介します。

 

【バイト】
バイトは学校によって
「許可」が出る出ないっていうのがあるので、
バイトが出来ないケースもありますが、
自らお金を稼ぐっていう経験は大切だと思います。
仕事は何でも良いですが、
「時給」で仕事を選ぶのではなく、
「やってみたい仕事」にチャレンジ出来ると良いと思いますね。

 

【旅行】
友達との旅行も良いですが、
オススメは一人旅です。
青春18きっぷで旅行するも良し。
自転車で旅をするのも良し。
何から何まで一人で決めて行う旅行っていうのは、
大変ですが、非常に充実感が得られます。
生きていくということを考える機会になるかもしれません。

 

【部活】
多くの高校生の過ごし方がコレではないでしょうか。
連日、部活の練習に明け暮れる。
まさに青春ですね。
これも1つの過ごし方としてはアリだと思います。
この時期しかできないことですから。

 

【ボランティア】
3年間の中で一度は体験して欲しいのがボランティアです。
自分が社会に対してどのように役立てるかというのを、
ダイレクトに実感出来ます。
何かの役に立ちたいという気持ちは
大人になってからも非常に大切です。

 

【勉強】
学生の本分ですから、勉強も大切ですね。
特に3年生の方は受験が控えているかもしれません。
オープンキャンパスに行きながら受験勉強っていうのは、
志望校合格のための大切なステップです。
大人になってからも
勉強することは山ほどあります。
「勉強の仕方」を体に染み込ませれば
大人になってからもスムーズに勉強できる環境を作っていけます。

 

遊びから勉強まで色々と紹介しました。

他にもありますが、
自分がやりたいことをやるっていうのが一番ですね。

 

無駄に暇に使わないために

By: MIXTRIBE

どんな過ごし方でも良いですが、
何となく毎日ダラダラ過ごすっていうのだけはもったいないです。

別にそれでも良いしって思っていても、
後で絶対に後悔します。

毎日、充実させろ
っていうわけではありませんが、
何か1つぐらいは決めて、
それだけは例え面倒でも達成して欲しいなって思います。

そうしないと、
無駄な夏休みだったな~っていう残念な結果になっちゃいます。

それってとってももったいないですよ。

人生には時間が限られています。

どんなことをしても
時間は帰ってきません。

もちろんお金で買うこともできません。

「時間が大切」

そんな気持ちを忘れないでください。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)