新パナマ病コワい!バナナの病気フィリピンで猛威!対策どーする?

バナナに猛威をふるっているとされる新パナマ病。

場合によっては
バナナが食べれなくなるかもという話もあります。

バナナ好きな私にとっては
非常に由々しき問題です。

実際のところそんなことあり得るのでしょうか?

バナナ好きで気になっている方、
多いんじゃないのかな~

SPONSORED LINK

新パナマ病とは

新パナマ病というのは、
パナマ病の新しいタイプのものです。

症状としては、
パナマ病と同じものになるのですが、
パナマ病に耐性のある品種をも脅かすことから、
新パナマ病と呼ばれています。

その症状は、
バナナを枯らすものであり、
カビの一種が原因となっています。

最終的には木を殺してしまうために、
バナナが全滅してしまう可能性すらあります。

カビが原因であり、
これを取り除くことというのは実質不可能であり、
感染してしまえば、
後は諦めるしかないという非常に恐ろしいものとなります。

 

過去にもあったパナマ病は?

先ほども簡単に紹介しましたが、
過去にもパナマ病がありました。

今の「新」に対して言えば、「旧」になるわけですが、
その時も同様の症状で、
バナナ農家は壊滅の危機にさらされたのです。

しかし、
そういった危機を脱する方法として、
品種を変えるという方法があり、
キャベンディッシュ種が栽培されるようになっています。

 

どんな対策が行われている?

新パナマ病がこのまま蔓延していけば、
いずれは世界中のバナナが壊滅すると言われる中、
対策も行われています。

具体的な対策としては、
・カビの駆除方法の確立、
・新たな品種の開発、
・原因を持ち込まない
です。

この中で
カビの駆除方法というのは確立されておらず、
一度、感染してしまえば、諦めなければいけない状況です。

新たな品種については、
開発段階でまだまだ先のことになっています。

そこで期待されているのが
原因のカビを持ち込まないための対策となり、
これは靴のスプレー消毒や出入りの制限などになります。

原始的な方法ではあるものの、
原因を持ち込まない手段としては効果的で、
オーストラリアなどでは一定の成果を上げています。

 

バナナは今後どーなる?

様々な対策は講じられているものの、
新パナマ病の脅威はすぐそこに及んでいます。

最悪のケースを考えるのであれば、
5~10年後ぐらいには、
バナナが消えてしまうことも考えられます。

一般的に馴染み深いバナナですが、
過去のものとなる恐れがあるのです。

もちろんあくまで最悪のケースであり、
バナナ好きな私にとっては、
何でも良いから何とかしてって叫びたい感じですね。

安くて美味しいバナナが
スーパーから消えないことを祈るばかりです。

 
国産のバナナは沖縄から。

沖縄産 「島バナナ」 1〜3房 約1キロ ○
価格:2480円(税込、送料別)

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)