白内障と緑内障の違いとは。併発する?予防するには?

歳と共に
眼の病気に悩まされている人が増えています。

私はまだそんなことはありませんが、
いつそういう状況になるかは分かりません。

特に白内障や緑内障は怖いと思います。

そこで予防するための努力が必要になるわけですが、
まずはその2つの病気について調べてみました。

SPONSORED LINK

白内障と緑内障

白内障も緑内障も
どちらも目の病気になります。

どちらも非常に恐ろしい病気ですが、
白と緑の違いだけなので、
同じような病気だと考えている人も少なくありません。

しかし、
実態はまったく異なる2つの病気になります。

白内障というのは、
目の中にある水晶体が濁ってきてしまう病気になります。

レンズの役割をしている水晶体が濁ってしまうので、
視力の低下を招く病気になります。

それに対して緑内障というのは、
目の中にある神経に関する病気です。

眼圧が高くなることで、
神経が損傷し、進行すれば失明ということになります。

進行するにつれて
少しずつ見えなくなっていくのですが、
自覚症状が薄いというのが緑内障の怖さでもあります。

こちらの動画ではもう少し詳しく解説してあります。

【ほっておくと危険な緑内障!?】

緑内障に関する動画になります。

自覚症状がないまま進行するので、
非常に怖い病気です。

気付いた時には進行しているということになります。

ちなみに、動画の中では
緑内障の症状がどういったものが分かります。

視野の欠け方を見ると、
少しずつですので、
初めは気付かないのも納得いくのではないでしょうか。

 

2つの違いとは

白内障と緑内障について、
先ほど簡単に説明しましたが、
その違いは
目の中のどこに異常をきたすかということになります。

白内障が「水晶体」なのに対して、
緑内障は「視神経」になります。

また、
白内障は「目が見えにくくなる」という症状に対して、

緑内障は「視野が欠けていく」という症状になります。

このように呼び名は似ているものの、
異常をきたす箇所やその症状には大きな違いがあります。

 

併発するの?

By: Dboybaker

2つの病気が併発するのかということですが、
併発はあり得ます。

白内障は水晶体が濁り、
進行すると少しずつ膨らんでいきます。

この水晶体の膨らみによって眼圧が高くなり、
緑内障を発症してしまうことがあるのです。

つまり、
白内障は放っておくと
緑内障の原因になりえるということです。

白内障は老化によって誰にでも起こりえるものです。

そのため、
定期的に眼科に検診に行くなどすると良いでしょう。

 

予防法はある?

気になる2つの病気の予防法ですが、
一般的な身体の病気の予防法と何ら変わりはありません。

・目に大きな負荷をかけない
・バランスの良い食事を心がける
・適度な運動をする

どこかで聞いたことあるものばかりですが、
結果的に日常生活をしっかりと健康的に過ごすことが、
未然に防ぐことに繋がります。

これは目だけではなく
身体の病気の予防にもつながりますので、
やはり健康第一ということが大切なのですね。

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)