残暑見舞いの時期はいつからいつまで?書き方と文例を解説!

毎年、残暑見舞いを送るようにしています。

こういった文化も薄れてきてしまっているようですが、
やはり気遣いは大切にしていかなければと思っています。

最近は
残暑見舞いの時期なども分からない方も少なくないようです。

そこで、
残暑見舞いを出す期間、
書き方文例など紹介いたします。

SPONSORED LINK

残暑見舞いの時期は

マナー講師をしていると、
たびたび聞かれるのがこの質問です。

「残暑見舞いの時期はいつなのか?」

最近は季節の節目の挨拶なども少なくなってきていますので、
こういった質問が増えてきているのも仕方ないのだと思います。

残暑見舞いの期間については、
立秋から8月いっぱいとなります。

今年、2016年で言えば、
8月7日から8月末ということになるでしょうか。

それより以前に送る場合は、暑中見舞いとなりますので、
期間はしっかりと把握しなければなりません。

せっかく出したとしても、
季節が合ってなければ、それは残念なお手紙になってしまいますからね。

 

残暑見舞いの書き方とポイント

By: sumiisan

これも多い質問です。

残暑見舞いをどのように書けば良いのか?

簡単に書くポイントとしては、
下記の構成で書くことです。

・冒頭の挨拶
・気遣いの言葉
・報告やお知らせ
・終わりの言葉

これが守られていれば、
残暑見舞いとしては十分だと言えるでしょう。

逆に構成がメチャクチャだと
せっかく出したとしても、
相手に不信感を与えることになってしまいます。

 

残暑見舞いの文例

By: skyseeker

残暑見舞いの文例ですが、
具体的な例を、ネットからいくつか見つけてきましたので、
ご紹介致します。

参照サイト:暑中見舞い・残暑見舞い2016

例1

残暑お見舞い申し上げます

まだまだ暑さ厳しき折ですが、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
誠に勝手ながら、当社では以下の期間を夏期休業とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、
何卒ご配慮の程宜しくお願い申し上げます。
夏期休業:○月○日(○)~○月○日(○)
今後とも、ご支援、ご鞭撻を賜わりたく謹んでお願い申し上げます。
平成二十八年 晩夏

 

例2

残暑お見舞い申し上げます

立秋とは名ばかりの暑さが続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
おかげさまで、社会人としての生活にも慣れてきました。
まだしばらくは暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください。
平成二十八年 晩夏

 

例3

残暑お見舞い申し上げます

夏の疲れが出る頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか。
ご丁寧なお見舞い状をいただきまして、誠に恐縮に存じます。
秋風を感じる頃はまだ少し先になりそうですが、○○様もどうかご自愛下さい。
平成二十八年 晩夏

 

例4

残暑お見舞い申し上げます

夏の疲れが出る頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか。
夏休み、久しぶりに家族で田舎でのんびりと過ごしてきました。
秋風を感じる頃はまだ少し先になりそうですが、○○様もどうかご自愛下さい。
平成二十八年 晩夏

 

それぞれ先方の条件に合わせて使い分けることで、
残暑見舞いとしては申し分ないでしょう。

報告等については、
その時の状況に合わせて変えるなどして、
臨機応変にお使い下さい。

 

暑中見舞いとの違い

立秋よりも前に出すのが暑中見舞い
とお伝えしましたが、
残暑見舞いとはどのように違うのか?

この違いは
出す時期と季節の言葉だけです。

内容に違いはほとんどありません。

ですので、あまり気負わなくて結構です。

注意すべきは季節の言葉だけで、
暑中見舞いの時期は、
暑さの真っただ中ということを伝えることが出来れば良いです。

その点だけ気を付けましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)