秋に咲く花木が魅力的な理由。園芸を楽しむ方法とは。

秋は園芸の季節ですね。

春も季節としては素晴らしいですが、
秋も捨てたもんじゃありません。

秋に咲く花木がどう魅力的か?

秋の園芸の何が素晴らしいかを
紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

秋という季節

秋という季節で何を思い浮かべるか?

食事、読書、スポーツ、睡眠・・・

色々な秋がありますね。

そんな中、私は園芸の秋です!!

えっ!?・・・聞いたことない?

確かに一般的にはあまり言われることはありません。

でも、
秋は素晴らしい花木がたくさんあるんです。

気温も涼しくなり、
紅葉が色づく季節だからこそ、
園芸にも力を入れて欲しいですね。

 

秋に咲く花木は?

具体的に、秋にはどんな花木が咲くのでしょう?

代表的な花木を紹介したいと思います。

・コスモス
リンドウ
・ジニア
・キンモクセイ
・ヒガンバナ

多くの人が一度は聞いたことがある花木を紹介します。

特にコスモスなどは秋を代表する花ですね。

漢字も『秋桜』と書くほどです。

色とりどりの様々な種類がありますので、
そういった色を使った楽しみ方も出来ます。

また、リンドウなども非常に有名な秋の花です。

シックな風合いは
まさに秋にピッタリの花だと言えるでしょう。

ジニアは、秋と言うよりは、
春から秋までと言ったほうが正しいかもしれません。

それだけ長く咲き続けるので、
漢字で書くと百日草となります。

色合いが秋を感じさせるものとなっており、
秋の花と言えば欠かせないものでしょう。

キンモクセイは甘い香りのする花。

この香りが好きだという人も多いかと思います。

育てるのもそれほど難しくありませんので、
園芸にはおすすめです。

ヒガンバナは道端などでもよく見かけることが出来る秋の花です。

球根に毒があり、
少し危険ではあるものの、真っ赤な花は綺麗ですね。

こちらも秋を代表する花となります。

これらが秋を代表する花木となります。

どれも綺麗で、
毎年、どれを園芸に使おうか迷ってしまいます。

 

秋の花木の魅力とは

秋の花木の魅力は、
大人の雰囲気が香るところではないでしょうか。

春や夏の園芸が悪いとは言いません。
(私は年中、園芸してますし・・・)

ただ、その中でも
秋は色合いも落ち着いていて、
花もどこか可憐な雰囲気がします。

こういった秋の花木をいくつかチョイスして、
自分のお庭を彩るのは非常に楽しいです。

コスモスだけでも様々な種類がありますので、
どの色を使うか考えただけでも、
頭を悩ませちゃいますね。

大人の庭作りを出来るのが、
秋の花木の魅力だと思います。

 

秋園芸を楽しむ方法

秋園芸を楽しむ方法として、
「色を楽しむ」というのは当然ですが、
オーナメンタルグラスを用いる方法もあります。

オーナメンタルグラスというのは、
園芸用の草のことで、
これを用いることによって、庭がより素敵になります。

我が家では、
「プロに近づく」と表現しています(笑)

どこに飾るかなどは気にせず、
まずはお花の側に添えるように植えてみて下さい。

よりお花が際立つはずです。

このようなオーナメントグラスを用いた園芸が出来るのも、
秋園芸の魅力ではないかと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)