漢数字の縦書きでの使い方!0、日付や西暦、住所はどう書く?

文字を書くときには
算用数字を使うか
漢数字を使うか
迷ってしまいませんか?

漢数字を使って
縦書きで書く場面になると
相当悩んでしまうことも多いかと思います。

そもそも漢数字はどうやって使うのか
正しい使い方について見ていきましょう!

SPONSORED LINK

漢数字の使い方


漢数字を使う場面は 
文書、ご祝儀、お見舞い、
などで数字を縦書きに書くときに使用して

数字を横書きで書く場合には
算用数字(1、2など)を使用します。

基本的に
ご祝儀などの私的なものでは書き方に決まりはありませんが
会計、登記、戸籍などの
法に関係するようなものである場合には
漢数字の大字と呼ばれるもので書かなければいけません。

大字とは
壱、弐、参などのことであり

大字を使用する理由は改ざんを防ぐためです。

大事な資料に「一」と記載されている場合に
少し不都合が起きたからと言って
一に|を加えて十にすることができてしまい、

大変なことになってしまうので
こういった改ざんを防ぐために
法に関するような大切な文書では
大字を使用するように定められています。
(大字は横書き縦書き両方で使用します)

 

縦書きでの使い方 

実際に漢数字で何かを書いてみる前に
漢数字と大字を確認しておきましょう。

一 → 壱
二 → 弐
三 → 参
四 → 肆(旧字体)
五 → 伍(旧字体)
六 → 陸(旧字体)
七 → 漆、染、質(旧字体)
八 → 捌(旧字体)
九 → 玖(旧字体)
十 → 拾

このようになっています。

旧字体と書いてあるものは
現在はほとんど使用されている事はなく
使用しなくても良いものとなっています。

なので、
四、五などは普通に使用することが可能となります。

縦書きで 20と書きたい場合には

二 十

もしくは

弐 十

このように書きます。

 

ゼロの書き方

漢数字でゼロを書く場合ですが

〇 か 零
を用います。

0(ゼロ)は算用数字ですが
〇(れい)は漢数字です。

〇も漢数字として認定されているので
使用することはできます。
〇と零のどちらでも間違いではありません。

ただ、
〇を使用する時には0にならないように気を付けてください。

〇の正しい書き順は
上部から左回りに書きます。

 

日付や西暦

では、
漢数字を使った書き方の例文を見ていきましょう。

まずは日付からです。

平成10年5月7日を縦書きの漢数字で書くと

  平  成  十  年  五  月  七  日

となります。

 

大字だと

  平  成  拾  年  伍  月  七  日

このようになります。

 

西暦も同じように 2015年と書く場合には

  二  〇  十  五  年

と書きます。

 

住所での使い方

By: Yu Shimo

住所が
「○○県○○市○○区25-3-18」
だとすると
○○県○○市○○区二十丁目三番地十八号
となります。

ポイントとしては「-」の部分を
丁目、番地、号に直すことです。
漢数字で書く際にはそこに気を付けてください。

ただ、
普通の郵便はがきなどに関しては
縦書きであっても
算用数字でもダメではありません。

正確に書くとなると
縦書きの場合には漢数字を使用しましょう。

漢数字の綺麗な書き方を
下の動画でみることができます。

【美文字】漢数字(大字・旧字)の書き方

ポイントについても解説されているので
参考になったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)