歯のフッ素塗布コーティング副作用は?危険性の真実は?効果は如何程

歯の虫歯予防のためにはフッ素塗布が効果的。

一般的にこのように言われていますが、
これには疑問符が付く部分もあります。

私もフッ素塗布は行ってきましたが、
副作用などの怖い部分も正直あります。

そこで、今回、フッ素塗布について、
実際の効果や
怖い部分について紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

フッ素塗布とは

そもそもフッ素塗布というのは、
歯にフッ素を塗ることによって、
虫歯になりにくくするものを期待したものです。

歯医者さんなどでは、虫歯予防ということで、
治療の最後に行ってくれるケースもあり、
一度くらいは塗られたことがあると言う人も多いかと思います。

フッ素を塗布することによって、
ミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助けます。

また、
歯を溶けにくくするために虫歯の予防へと繋がるのです。

特に子供の歯は虫歯になりやすいため、
このフッ素塗布を行うことによって、
虫歯への予防が大きく期待出来ます。

 

フッ素塗布コーティングの危険性

歯を虫歯から守る効果が期待出来るフッ素塗布コーティングですが、
同時に他の危険性もはらんでいます。

フッ素というのは、
化学物質の中でも特に危険な物質であり、
有害性については、多くの指摘が上がっています。

その
フッ素を歯に塗布することが本当に良いのか?
ということです。

フッ素の危険性については、
癌化の促進脳への障害などがあります。

他にも
糖質代謝異常、脂質代謝異常などが上げられますが、
歯を守るために、
これだけのリスクを背負うことは出来ますでしょうか?

一般的に言われているフッ素の危険性なので、
必ずしもこういった影響が出るとは限りませんが、
可能性としては把握しておきたいですね。

 

副作用はあるの?

実際にフッ素の塗布をすることでの副作用ですが、
歯の変色知覚過敏悪化させる可能性があります。

歯を守るために行った結果、
歯がしみるようになるというのは辛いですよね。

また、一度に過剰に摂取してしまうと、
吐き気や嘔吐などが生じます。

歯医者で行ってもらう場合は、
こういったことにはならないでしょう。

しっかりと量を調整して行ってくれますので、
過度な心配は不要ですが、
先ほど同様に、
こちらもまた把握しておきたいことではあります。

 

フッ素塗布コーティングの効果の真実は?

フッ素塗布について、肝心の効果のほどですが、
ほとんどありません。

まったくないわけではなくて、
酸性に対しての耐性という意味では、
多少認められています。

しかし、
歯の強化など
他の部分については言われているような効果は確認されていないのです。

そのため
フッ素塗布に大きな期待を寄せるのは止めたほうが良いです。

むしろ、頼り過ぎてしまうくらいであれば、
しっかりと自分でブラッシングなどを行うほうが良いと言えます。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)