スポーツ選手は口呼吸ダメ!正しい治し方で改善!鼻呼吸のメリット

スポーツしていると、
どうしても口呼吸になってしまいがちですが、
これは実は避けたほうが良いことなんです。

鼻呼吸に比べて、
口呼吸では良いことは1つもありません。

その効果や
改善方法等紹介しますので、参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

スポーツ選手は口呼吸が多い?

By: Rob124

スポーツ選手の中には、
口呼吸の人も少なくありません。

どうしても
激しい動きや長時間に渡る運動をしている中で、
口呼吸になってしまうのです。

たくさんの酸素をカラダに取り入れないといけないから。

鼻呼吸のほうが良いと分かっていても、
激しいスポーツの後では、呼吸が口呼吸になってしまう経験は、
きっと誰にでもあるでしょう。

スポーツ選手も同様で、
口呼吸の人が多く、
(他の要因も関係していますが、)口呼吸であるために、
風邪をひきやすいという人も多くいます。

 

口呼吸の治し方

By: bengot

現時点で口呼吸だけど、治すことは可能か?

これについては、
決して不可能ではありません。

治し方としてはいくつかありますが、
比較的簡単なのが、舌押上法になります。

これは舌で上あごを常に押し上げるだけです。

上あごを押し上げることによって、
自然と口が閉じます。

やってみると分かりますが、
そうなると鼻呼吸にシフトするのです。

呼吸を意識するのではなく、
意識するのは舌だけです。

しかし、結果として鼻呼吸になります。

まずはこれを常に意識するようにしてみましょう。

始めは意識しないとついつい口呼吸になってしまいますが、
時間が経つにつれて、
無意識の中で出来るようになります。

 

鼻呼吸にするメリット

鼻呼吸にするメリットは様々ありますが、
スポーツ選手に対しての一番のメリットは、
運動能力の改善という点になります。

慢性的な口呼吸の場合は、
姿勢が悪くなり、運動能力の低下を招きます。

また、口呼吸の場合は、
鼻呼吸に比べ、十分に肺が開きません。

そのため
換気能力としては、不十分となるので、
どうしてもパフォーマンスとして、落ちる部分があるのです。

他にも
鼻呼吸には風邪の予防といったメリットもあります。

これはスポーツ選手だけではなく、
多くの人に共通して言えるメリットではないでしょうか。

口と鼻、パーツとしては
ちょっとした違いではありますが、
呼吸を通すと、大きな違いが生まれてくるのです。

 

スポーツ選手でなくても治したい

By: Dan Zen

先ほどもメリットの中で紹介しましたが、
スポーツ選手でなくても、
鼻呼吸にするメリットはたくさんあります。

特に風邪の予防は大きなメリットです。

これは
鼻にはフィルターとしての効果があるためです。

フィルターが
外気の汚れを体内に取り込むのを防いでくれるのです。

また、そもそも論をすれば、
口というのは、
呼吸をするためにあるものではありません。

呼吸をするためにあるのは鼻であり、
鼻から呼吸する場合は、
連動して他の器官にも影響を及ぼします。

そのため、
出来るだけ鼻呼吸とするのが良いでしょう。

呼吸法を改善することによって、
身体の他の部分にも大きな改善をもたらすことが出来ます。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)