2016年の十五夜は満月になる!?毎年いつに十五夜なのか知っておこう。

ほぼ毎日と言っていいほど
月を見ている我が家には、
改めて月を見るイベントというのはあまりないのですが、
十五夜だけはやはり別ですね。

いつもとは違う気持ちでということで、
お団子を用意したりすることもあります。

ちなみに、
今年の十五夜はいつかご存知でしょうか?

気になる方はぜひ参考にして
十五夜にお月見を楽しんでみて下さい。

SPONSORED LINK

十五夜とは

By: Naoki Tomeno

そもそも十五夜というのは、
農作物の収穫をお祝いする日という意味があります。

月を日々、観察すると分かりますが、
満ち欠けを繰り返しています。

この満ち欠けする様子から、
農作物の成長が連想され、
そこから十五夜に感謝をこめてお祝いするようになりました。

ちなみに、
十五夜と言えば、中秋の名月と呼ばれますが、
これは旧暦の8月15日の満月のことです。

昔は月の満ち欠けにより日付を決めており、
秋と言えば、7月~9月でした。

この真ん中の日が
8月15日であることから中秋のと付いています。

これを新暦に直すと
十五夜はおおよそ9月7日~10月8日頃になります。

新暦で十五夜は9月15日だと考えている人も多いですが、
旧暦と新暦では基準にしているものが月と太陽で異なりますので、
正確なところは毎年、少しずつ変わります。

 

2016年の十五夜はいつ

By: Masahiko Satoh

では、気になる2016年の十五夜はいつになるのか?

何かイベントごとを行う際は、
9月15日と決めているケースもありますが、
我が家では正確な十五夜にお団子を準備します。

そして、
2016年ですが、何と9月15日なのです。

偶然にも一致した日付となります。

そのため、
2016年の十五夜は貴重だと言えるんです。

 

満月になる可能性について

By: 克年 三沢

十五夜に満月であれば、
見ごたえもありますし非常に良いのですが、
残念ながら満月ではないことも多々あります。

月が満月になる周期に幅があるために、
どうしてもズレが生じてしまっています。

2016年は満月が9月17日の予定ですので、
十五夜と比べると2日ほどの差があります。

満月にこだわりたい場合は、
お月見を数日、ズラしてしまうのも有ですね。

 

毎年、十五夜は違う日?

By: Masaru Suzuki

先ほど、2016年の十五夜は9月15日であり、
偶然にも世間一般の認識と合致していると説明しました。

でも、
これだけだと本当にズレが生じているのか分からないですよね。

実際、毎年、十五夜は違う日になるのか?

そこで、来年以降の十五夜の日付も紹介します。

2017年は、10月4日。

2018年は9月24日。

2019年は9月13日となります。

このように
毎年、日付は微妙に異なることになります。

9月15日と決めても良し、
正確な十五夜に楽しむも良し、
満月に合わせるのもまた良しとなります。

いつ楽しむかは、
その時の状況に合わせて決めても良いですね。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)