月の満ち欠けと女性の生理の関係。周期で女性ホルモンと出産に変化?

月の満ち欠けと女性の生理には
何か神秘的な関係がありますね。

我が家は家族揃って夜空を眺めるのが好きですが、
妻の中では何かピンと来るものがあるみたいです。

月は神秘の象徴として捉えられます。

同じく神秘と捉えられる女性の身体と
近いものがあるのでしょう。

今回は月の満ち欠けと
女性の生理との関係について紹介しますね。

SPONSORED LINK

月の満ち欠け周期

By: rdgarza

月を観察していると、
不思議だなと思うことがたくさんあります。

1日ごとに変わる位置や形、
特に満ち欠けは非常に神秘的です。

とは言っても、
太陽の光の当たる位置が変わるだけなのですが、
それでも夜空に浮かぶ月の形が変わるというのは、
非常に神秘的です。

この月の満ち欠けの周期ですが、
おおよそ29.5日と言われています。

月の公転周期(地球の周りをまわる周期)については、
27.3日なのですが、
地球もまた同様に太陽の周りを公転しています。

その関係から月は余計に動かなければならず、
それが2日ほどになるのです。

結果として、
満ち欠けの周期は29.5日となるのです。

 

月の満ち欠けと女性の生理の関係

月の満ち欠けの周期が29.5日だと説明しましたが、
女性の生理もおおよそ29.5日です。

ただ、これは女性ホルモンなどの個人差があるため
ハッキリ言えないところがありますが、
おおよそこれぐらいと言われています。

うちの妻も
1カ月周期で繰り返しているのですが、
月を観察している中で
満ち欠けと関連しているものがあると言うのです。

月の満ち欠けと地球の潮の満ち引きというのは、
密接に関係しています。

身体の中のほとんどが水分だと言われる人間。
この月の満ち欠けと関係している可能性は高く、
それが女性ホルモンや生理に影響しているとも言われています。

また、
月の満ち欠けの状態と生理の始まるタイミングによって、
自分がどういうバイオリズムにあるか確認出来ます。

例えば、
上弦の月であれば、
何かを計画するのに最適な期間です。

満月の時には、決断の時です。

下弦の月は、忍耐力が求められる時。

新月は再生の時です。

これを参考にすることで、
自分の悩みは気持ちと上手に付き合うことが出来ます。

どうしても
女性の体調は生理などの影響で変わりやすいもの。

そんな体調の変化と月の満ち欠けは、
非常に密接な関係があるのでしょう。

今は科学的に解明されていないものの、
いずれ解明されてもおかしくありません。

 

月の満ち欠けと出産

出産も女性の神秘と言われるものの1つです。

ウチも二人の子供を出産しています。

この出産と月の満ち欠けについては、
科学的な研究がなされ、発表されています。

新月や満月の時には出生率が、
それ以外の時に比べて10%高くなる
というものです。

日本の医療現場でも、
新月や満月の時期には出産が重なりやすいと言われています。

ハッキリとした解明はされていないものの、
海外のデータや現場での声を踏まえれば、
因果関係は間違いないでしょう。

引力の関係か、まだ見ぬ力か、
そこには何かしらの力が働いているのでしょうね。

そういえば、下の子の時は、満月だった覚えがあるなぁ。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)