しもやけの即効性のある治し方。

冬になると悩まされるのがしもやけ

私と言うよりは
外で遊んでくる子供たちがよくなっています。

痛くないのかとこっちが心配しながら、
いろんな治療や予防法を試しています。

子供なので、
なかなか言うこと聞かないのですが・・・

我が家で試している、
しもやけの治療法など紹介しますね。

SPONSORED LINK

しもやけになる原因と症状。

By: Petteri Sulonen

しもやけになる原因ですが、
ズバリ冷えです。

手足などの末端部分に起きやすいのですが、
この部分が冷えることで、
血管が収縮し、血行不良に陥ることから、
炎症を起こします。

これがしもやけです。

冷え症の方でもしもやけにはなりやすく
遺伝も一部関係しています。

まぁ、
うちの子達はどちらかと言えば、
雪で遊んでくるからだと思いますが・・・

しもやけになると、
赤く腫れて痒み(かゆみ)を伴います。

子供たちがしもやけになるとやっかいなのが、
この痒みです。

かゆいかゆいとかきむしるので、
肌が荒れちゃうわけですね。

かくなと言っても、かいてしまうようで、
肌が荒れる、しもやけになる、再びかきむしり肌が荒れる
なんてことを繰り返し、
皮膚科の先生にお世話になったこともあるくらいです。

 

しもやけの治し方。

By: Don Wright

しもやけになった際の治し方ですが、
温かくして時間が経てば自然と治ります。

原因は血行不良ですから、
血行を改善してあげれば良いのです。

ただ、
我が家の場合は治る前に遊びにいっちゃうので・・・

即効性が求められるのです。

そこでやっているのが、
お湯を使う方法です。

まず、
40℃ぐらいのお湯と
5℃ぐらいの水を用意します。

そして、
患部を40℃ぐらいのお湯につけた後、
今度は5℃の水につけます。

これを交互に繰り返すのですが、
温かいほうは長めに
冷たいほうは時間を短めにして下さい。

何度が繰り返した後、
最後に温かいほうにつけておしまいです。

どうして交互につけるかというと、
温かいのと冷たいのにつけることで、
血管の拡張と収縮を交互に行います。

こうすることで血行が改善されるためです。

この方法、
即効性が高く、かなり効果的だと思います。

また、子供たちにとっては、
アトラクションのようなもので、
温かいものと冷たいものに交互につけるというのが楽しいのか、
騒ぎながらやってくれます。

意味を理解しているのか分かりませんが、
楽しませながらやらせられるというのが良いですね。

 

予防方法。

By: Richard Leeming

しもやけの予防方法ですが、
実に簡単で
冷やさないことです。

冷えて血行不良が原因なので、
冷やさなければ良いんです。

手足には
手袋や厚手の靴下などを装着しましょう。

こうすることで、
しもやけを防ぐことが出来ます。

また、体内からと言う人は、ビタミンEがおすすめです。

血流を循環させるために大事な栄養素ですので、
積極的に摂取するようにすると良いです。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)