時代祭 2016日程と有料観覧席の料金。行列を楽しむポイント

毎年、歴史を感じるお祭りと言えば、
この時代祭が一番でしょう。

お祭りというと、
ワーワーギャーギャーなんてイメージがなくもないですが、
時代祭については
勉強になるお祭りと言えると思います。

全国の中でもなかなか珍しいと思いますね。

お子さん連れにもぜひ見て頂きたいお祭りです。

SPONSORED LINK

時代祭とは

京都を代表するお祭りの1つであるのが、
時代祭です。

元々は
平安遷都1100年を記念して始まった記念祭ですが、
それを今まで市民の方々が盛り上げてきたものです。

何と言っても
歴史的な衣装を見ることが出来るのがポイントで、
歴史の縮図を感じることが出来るお祭りです。

江戸や室町、鎌倉など
様々な時代を知るキッカケにもなりますので、
お子さんの勉強にもなるという、一石二鳥のお祭りなんです。

 

時代祭2016の日程

今年も時代祭が開催されますが、
日時は下記のような形になります。

日程:10月22日
時間:12時~14時30分

(あっ!イチローの誕生日と同じだ!)

雨の場合は、
1日順延となり、10月23日の開催となります。

また、時代祭の前日には、
前日祭も行われますが、
やはり
一番の見どころは本番であることは間違いないでしょう。

当日は、
12時に京都御所を出発し、
最後は平安神宮で終わります。

途中烏丸などいくつか見どころスポットがありますが、
基本的には行列が練り歩いていますので、
ルートさえ把握しておけば、見ることは出来ます。

 

有料観覧席の金額

By: Nikita

この時代祭には、
行列を楽しむことが出来る有料観覧席が設けてあります。

場所は全部で3か所となり、
京都御縁、御池通、平安神宮道になります。

金額は、
昨年の実績で2,000円程度になります。

全席指定の形となり、
パンフレットもついてきますので、
落ち着いて見たい
という方にはピッタリだと思います。

それぞれ行列の通過時間が決まっていますので、
その時間に合わせて
どこの有料観覧席で見るか決めるのも良いかと思います。

 

行列を楽しむポイント

行列を楽しみポイントは様々ありますが、
初めて行く方は、
ぜひその衣装に注目して欲しいです。

私も毎年、参加していますが、
何度見ても、衣装はその時代を大きく反映しており、
非常に考えさせるところがあります。

例えば、明治維新であれば、
行軍装束を模したものや
幕末の志士たちの衣装となります。

さらにさかのぼり、
室町時代となれば、
烏帽子に豪華絢爛な衣装の足利将軍が登場します。

このように
時代、時代によって様々な衣装が登場します。

平安時代には、
巴午前を代表に当時の女性たちを模した方々も登場しますので、
お父さん方は注目のポイントですよ(笑)

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)