燃料電池車の仕組みと燃費について。普及する課題点とは

これからの時代、
燃料電池車が普及することは間違いないでしょう。

まだまだ一般的には技術的な普及などもありませんが、
その仕組みや燃費については知っておいて損はありません。

今回、初心者向けとなりますが、
簡単に燃料電池車について紹介したいと思います。

難しくないので、ぜひ読んでみて下さい。

SPONSORED LINK

燃料電池車とは

そもそも、燃料電池車とは何か?

通常、
自動車はガソリン軽油などで動きます。

しかし、
燃料電池車の燃料は水素になるのです。

水素というのは、
理科の授業で習ったあの水素になりますが、
これを空気中の酸素と反応させることで燃料に変えます。

この仕組みで車を動かすと、水しか排出しません。

車を動かす上で問題になる
二酸化炭素などが生成されないのです。

そのため
非常にクリーンな車になるわけです。

 

その仕組み

燃料電池の仕組みですが、
原料が水素であることは紹介しました。

この水素と酸素、燃料電池を用いることで
電気を発生させます。

そして、
この発生した電気で車を動かすのです。

そのため、
現在、町中で見かけることが出来る電気自動車と、
動力という意味での違いはありません。

ただし、
電気自動車が、外から持ってきた電気を一度貯めて、
それで車を動かしているのに対して、

燃料電池は、そこで電気を発生させます。

同じ電気でも、
その仕組みには大きな違いというものが存在するのです。

 

燃費はどうなのか?

By: midorisyu

車を選ぶ上で気になるのが燃費です。

結論から言ってしまえば、
燃費はガソリンとあまり変わりません。

1km辺りにかかる料金というのは、ほとんど一緒です。

ただし、今後、水素の価格が下がれば、
ガソリンよりも燃費が良くなることは間違いないでしょう。

次で紹介する課題点にあげるのですが、
どうしても普及がまだまだのため、
価格も割高になってしまっているのです。

しかし、1kmあたりの価格が同じであれば、
二酸化炭素が出ない分、優れているのではないかと思いますね。

 

普及予想や普及する課題点について

クリーンなエネルギーとして、
今後、燃料電池が普及することは間違いないでしょう。

ガソリンには、
燃料が枯渇するという問題がありますので、
その問題点を解決するという意味でも、非常に重要です。

ただ、普及においてはまだまだ課題点もあります。

例えば、燃料補給の問題。

今、町中を見渡しても、
あるのはガソリンスタンドばかりで、
水素ステーションというのは見つけられません。

燃料を補給できなければ、車を走らせることは出来ませんので、
車も普及出来ないということになってしまいます。

この水素ステーションの普及が、
燃料電池自動車普及のための大きなポイントではないでしょうか。

 

トヨタとホンダの燃料電池車

By: lasta29

日本を代表する自動車メーカーであるトヨタとホンダからは、
燃料電池車が発表されています。

トヨタがミライで、
ホンダがクラリティです。

どちらも、今後、
普及が進むと期待されている自動車ですが、
ミライが発表された時は大きな話題になりました。

そして、
そのミライに対抗するかのように発表されたのがクラリティです。

今後、日本で燃料電池車が普及するにあたって、
この2台が大きな貢献をすることは間違いないでしょう。

いつか町中の至るところで、
この2台が見られるようになるんじゃないですかね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)