履歴書の添え状を手書きで書く!新卒は特にアピールできる?

就職活動の際にお世話になるのが、履歴書です。

この履歴書を送る際に必要なのが
添え状になりますが、知らない人も多いみたいです。

ちなみに、添え状を書く時は手書きかPCか?

これに迷う人も多いみたいですね。

企業の採用担当の立場から、
添え状について書いてみます。

SPONSORED LINK

履歴書の添え状とは

履歴書を提出する際に、
必ずつけて欲しいのが添え状です。

就職活動をする上では
絶対に覚えておいて欲しいものの1つです。

添え状というのは、
郵送の際の挨拶文みたいなもので、
挨拶とともに
何を送りましたよというのを示す書類になります。

私たち企業の担当者は、
送られてきたものをチェックするわけですが、
この添え状が入っていないと
しばしトラブルになることもあります。

それが、
「送った送られていない問題です。」

応募者の方から送られてきた書類の中に
添え状が入っていないと、
後から○○の書類入れましたと言われても、
こちらも困ってしまうのです。

頂いた時に添え状があれば確認出来たのですが、
ない場合は、
受け取ったものを基本的にそのままにしておきます。

でも、後から送ったと言われると、
こちらの紛失も疑わなければなりません。

そこから
送った送られていない問題に発展するわけです。

こういったことを防ぐためにも、
添え状は非常に大切なものになるのです。

 

手書きで書くとアピールできる?

履歴書アピール
添え状の書き方ですが、手書きPCか?

正直、様々な方もいます。
(中には筆で書く方も・・・)

ハッキリ言うとどちらでも構わないのですが、
手書きのほうがアピール出来るのは間違いないです。

最近はPCが多いので、
やはり手書きのあたたかみが出ます。

ただ、大切なのは、
字が上手な場合のみです。

汚い字で書いてこられると
確認する方も大変なので、正直、逆アピールです。

また、やり過ぎもNG。

基本的な書き方として、
分かりやすい構成のものを心がけて下さい。

その上で上手な手書きだと、
アピールになるのではないかと思います。

ただし、企業によっては、
手書きがマイナスになることもあります。

この辺りは企業文化にもよるところのようですが、
添え状1つで合否に大きく関与することはありません。

自分の気持ちが1番伝わる方法で作成すると
良いかと思います。

 

手書きで書く時のポイント

履歴書手書き
手書きで書く時のポイントですが、
下記にいくつか紹介します。

・読みやすい字で書くこと(絶対に大事)
・黒のボールペンで書くこと
・白い便せんを用いること
・間違った場合は初めから書き直すこと

当たり前のことばかりですが、大切なことです。

手書きで書く時は意識して下さい。

また、テンプレートとして
いくつかネットで探しましたので、参考にしてみて下さい。

 

【転職Hacks】

拝啓
時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度は求人サイト「○○」にて貴社の求人広告を拝見し、営業職として選考の機会を頂きたく、
応募 いたしました。

前職でも営業職を経験しており、
毎月目標を120%以上達成し続けた行動力と目標達成への姿勢を強みとしております。

つきましては、履歴書 と職務経歴書を同封いたしますので、
ご高覧の上、面接の機会をいただければ幸いでございます。
敬具

 

【就活女子応援☆今日からできる面接対策】

平成○○年○○月○○日

株式会社◆◆◆◆◆◆
○○○部
○○様
(担当者が不明の場合、採用担当者様で可)

〒100-0001
○○県○○市○○1-2-3
山田 花子
電話:000-0000-0000
E-mail:[email protected]

[email protected]申し上げます。

○○大学□□学部△△学科○年の[氏名]と申します。

この度、貴社の新卒採用に応募させていただきたく、下記の書類を同封致します。
何卒ご査収くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具


・履歴書
・エントリーシート
以上

 

1つ目は本文のみの紹介ですが、
これに宛先などを書けばOKです。

文書としては、2つ目を参考にしつつ、
本文の中に自分の色を出すと良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)