雪かき方法にウマくやるコツが!?駐車場や車の除雪方法。お湯は有効?

冬の季節になると
やっかいなのが雪かきです。

雪国の人なら
誰でも同じ悩みを抱えているのではないかと思います。

出来るだけ少ない労力でウマくやれれば良いのに!

そんなワガママに答えちゃいたいと思います。

ぜひ参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

雪かきは大変な作業

雪国の方であれば、当然のような事実。

そう!!

雪かきは大変な作業なんです。

私も北の雪国に住んでいますので、
冬となれば豪雪と言わんばかりに雪が降ります。

朝、起きてみると
身長以上の雪が積もっているなんていうことも
1度や2度ではありません。

そんな雪を雪かきするのは、
非常に重労働な作業となります。

体力は使うし、
身体の節々は痛くなるしで、ホントに悩ましい仕事なんです。

でも、
キレイに除雪することが大好き
という方もいらっしゃいます。

自分の車の周りがキレーに除雪されていたら
気分がいいそうです。

 

雪かき方法のコツ!

By: nubobo

そんな大変な雪かきですが、
いくつか大切なコツがあります。

・汗対策をしっかりとすること
・全身使って雪かきすること
・身体はひねらないこと
・複数人で作業すること

まず、
1つ目の汗対策ですが、
雪が降るほどの寒い日でも、
雪かきしてれば汗だくです。

その汗対策をしっかりとすることが大切です。

雪かきが終わった後に、
その汗で身体が冷えると
風邪の原因になってしまうのです。

2つ目が、全身を使うことです。

雪は積もり積もると非常に重くなります。

それを腕だけの力で雪かきしていては、
まったく持ちません。

全身を命一杯使って雪かきすると、
スルスルとはかどると思います。

3つ目は、身体は極力捻らないことです。

身体をひねるとそこに負荷がかかります。

特に腰の部分はやっかいで、
癖になるとシーズン中はずっと痛いなんてことになります。

捻るって動作は
普段はなかなかしない動作なので
急に捻って力を入れると
筋肉を痛めてしまうことになってしまいます。

最後は複数人で作業することです。

雪かきしていると、
突然、屋根の上からドサってこともあります。

そんな時に
運悪く下にいると埋まってしまいます。

雪は軽そうに見えて、
量が多くなればかなり重量があります。

一人ではなかなか脱出出来ないなんてことも。

そのため、
万が一のことを考えたら、複数人での作業が重要です。

 

駐車場と車の除雪は?

駐車場除雪をする場合は、
注意点があります。

それが「雪を捨てる場所」です。

家の前であれば、すぐ横にどけたりでも良いのですが、
駐車場の場合は、そうはいきません。

駐車場の場合は、変なところに捨てれば、
他の車の通行の邪魔となります。

そのため、
どこか一か所、誰の邪魔にもならない場所を決めて、
そこを捨てる場所にするのが良いです。

 

お湯を使って除雪は有効?

雪かきする際に、
お湯を使ったら楽じゃないかなと思うことがあります。

でも、お湯を使っての雪かきはおすすめしません。

むしろ、反対です。

確かに、
お湯をかけた部分は雪が溶けるかもしれませんが、
この溶けた水は、凍って固まります。

これがかなり危険です。

そのため、
下手にお湯は使わないほうが賢明かと思いますね。

 
【疲れにくい雪かきの方法】

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)