角館のお祭りの歴史と2016年日程。事故は毎年?掲示板も盛り上がる?

角館のお祭りは、
今年、2016年も
非常に盛り上がるのではないかと思います。

事故が起こり、
ちょっと危険なお祭りではありますが、
それが醍醐味だったりもします。

もちろん
安全に楽しむことも出来ますから安心して下さい。

場外として掲示板なども盛り上がってますが、
お祭りの熱を感じますよね。

この角館のお祭りについて紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

角館のお祭りの歴史とは

角館のお祭り
元々、角館町というのは、
城下町として発展してきた町でした。

かつては、
内町と外町というように分けられており、
武家が生活しているのが内町、
町人が生活していたのが外町
だったわけです。

そして、
このお祭りは外町で主に行われており、
初めて開催されたのが1694年になります。

そこからおよそ300年ほどの月日が経過していますが、
途中、
様々な紆余曲折がありながらも、今のような形で残っています。

 

2016年角館のお祭り

角館のお祭り
2016年の角館のお祭りですが、
日程は下のようになっています。

【2016年】

9月7日:神明社の宵祭り
9月8日:本祭り
9月9日:薬師堂の本祭り

全部で3日間にわたり行われるお祭りとなっています。

開催場所は角館町の中心部となり、
この辺り一帯は、お祭りの最中は非常ににぎやかとなります。

 

事故が起こる?

角館のお祭り
角館祭りの見どころの1つとなるのが
やまぶっつけになりますが、
このやまぶっつけで事故がたびたび起こります。

やまぶっつけというのは、
山車をぶつけ合うことであり、
その迫力は凄まじいものがあります。

角館のお祭りでは、ぜひとも見て欲しいシーンではありますが、
山車同士をぶつけ合うために事故が起きてしまうのです。

以前、亡くなった人もいたということから、
いかに危険かが分かるかと思います。

その際の理由としては、
ルールを守らなかったことにあるため、
ルールを守ってさえいればそんなことにはなりませんでした。

しかし、血気盛んな方々がやりあう中で、
いつどのようなことが起きるかは予想がつかないのです。

やまぶっつけが行われる際は多くの観光客の方々が見物しますが、
くれぐれもケガだけはしないように注意して下さい。

ちなみに、やまぶっつけの様子がこちらです。

《角館のお祭り 観光 曳山ぶっつけ2015年9月8日》

巨大な山車を何度も何度もぶつけ合っているのが見て取れます。

ぶつけ合うのも大変ですが、ぶつけた瞬間に山車が揺れているのが分かりますね。

その衝撃を近くで見ていると物凄く伝わってきます。

 

盛り上がる掲示板

プロレスの場外乱闘さながら、
角館のお祭りは掲示板でも盛り上がっています。

掲示版には様々なことが書き込まれ、
やまぶっつけの延長戦という感じかと思います。

これだけの熱量をお祭りにぶつけるのですから相当なものです。

罵り合いなどが行われていますが、
その熱量の凄さは感じ取れることでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)