融雪剤の効果的な使い方とは?成分と価格も知っておこう。

凍った路面に大活躍するのが融雪剤です。

雪国に住む我が家には
春先ぐらいまでは欠かせないアイテムとなっています。

使い方や成分、価格など色々と知っておくと便利な融雪剤ですが、
これから雪国に行かなければいけない人など参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

融雪剤とは

融雪剤
融雪剤というのは、雪を溶かすための薬品です。

これは
薬品を混ぜた水の凍る温度が0℃を下回ることを利用しています。

同じような機能を利用して、
凍結防止剤というのもありますが、
これは地面が凍結しないようにまく薬品です。

雪国では、冬は雪が当然のように降り、
それによって地面が凍ります。

それを溶かす時に融雪剤を用いるのです。

 

効果的な使い方とは

融雪剤
融雪剤を使う際には、
とりあえず捲けばOKなのですが、
効果的な使い方というのもあります。

おおよそ1坪当たりに
どれぐらいの量を撒くか?
ということになるのですが、
それはコップ2杯分ぐらいです。

雪の程度によって、
多くしたり少なくしたりするのですが、
少ない場合は、あまり効果が得られません。

多すぎるともったいないですよね。

また、
融雪剤はすぐに効果が出るわけではありません。

撒いてから1時間ぐらいは
様子を見てあげる必要がありますので、
ちょっと早めに撒いてあげるのがポイントです。

以前、我が家では、ボーっとしていて、
慌てて撒いた結果、
道路を利用するタイミングでまったく溶けていなかったことがあります。

恐らく雪国あるあるですね(笑)

 

融雪剤ってどんな成分?

融雪剤の成分ですが、
塩化カルシウム、塩化ナトリウム、塩化マグネシウム
などが一般的です。

この成分の塩化というのが重要で、
これが水の凍る温度を下げてくれます。

また、他の成分としては、
尿素が使われているものもあります。

こちらは環境負荷が少ないことが利点にはなりますが、
想像の通り、異臭の問題等があるために、
あまり利用されるケースは多くありません。

ホームセンターなどで購入する際も、
塩化○○が成分の融雪剤がほとんどですし、
価格帯も安く利用しやすいものが揃っています。

 

融雪剤の価格帯

By: rch850

融雪剤の価格帯ですが、
1kgあたり、100円~500円
ぐらいです。

パッケージの形状などによって価格が異なってきますが、
ビニール袋に入っているタイプで、
たくさん入っているものであれば安く買えます。

たくさん使う人にはオススメです。

あまり使わないよっていう人は、多少、割高でも、
少ない量やボトルに入っているタイプのものを購入すると良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)