咳が止まらないけど熱はない時の原因って何だ?考えられる病気とは?

熱はないのに咳だけが止まらない!
なんていう症状に
悩まされたことがある人も多いと思います。

咳は身体の中からウイルスなどの異物を外に出すための行為です。

つまり、
身体が防御反応を示した結果、
「咳」という症状になって表れます。

つまりは咳が出ているという時は、
何らかの症状が起きているということですが、
その原因について色々と紹介したいと考えています。

SPONSORED LINK

咳が止まらない時の病気

咳が止まらない時の病気は色々存在します。
簡単に例をあげれば以下のようなものです。

 かぜ
 肺炎
 ぜんそく
 肺結核
 気管支炎

他にも原因と考えられる症状は色々ありますが、
これらを判断する上で大事なのは、
咳と同時に痰がでるかということや、
どの程度の期間、咳が続いているかということになります。

それらの情報を合わせて
咳の原因が何かということを掴むということになります。

 

熱がない時の咳は?

咳は出ても
熱は出ない時もいくつか症状が考えられます。

 百日咳
 咳ぜんそく
 COPD

百日咳は細菌感染によって発症する症状で、
子供の病気だと言われてきましたが、
大人でもかかる人が多くなっています。

咳が収まるまで
100日かかることから百日咳と呼ばれていますが、
発熱が見られることはほとんどなく、
咳だけが続くというやっかいな症状となります。

また、
COPD喫煙者に発症する症状ですが、
気付いた時にはかなり症状が進行しているケースがほとんどですので、
気付いたらすぐに診療にかかるのが良いでしょう。

 

咳の対処法は?

突然の咳で困ったとか、
夜、咳が酷くて眠れないということがあります。

そういった時の対処法としては様々ありますが、
ツボ押しで解消するという方法もあります。

【咳を止める特効ツボ 孔最】

孔最というツボを刺激することになりますが、
肘の内側から手の先へ向かって
指4本分の位置にあるツボになります。
(指は横に4本並べて、外側よりの位置になります。)

咳が止まらない時などは
このツボを刺激して上げることによって症状が緩和します。

根本的な解決にはなっていませんが、
咳によって困っている時は対策として有効です。

 

治療法はあるの?

咳の治療って
熱がない咳の治療法は、
それぞれ原因に沿った治療が行われます。

ウイルスの感染によるものであれば、
ウイルスの対策を行うこととなります。

治療を行う上で大事なのは
自己判断しないということです。

自分でこうじゃないかと症状を勝手に判断しても、
間違っていたら意味がありません。

症状によっては
手遅れになるケースも考えられますので、
咳が続くなと思ったら病院へかかりましょう。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)