外壁塗装でイチバン悩む「色」…失敗しないために考える事とは。

雰囲気をガラリと変えることもできるお家の外壁塗装。
何色にすれば良いのか。

もしも、失敗したら色の変更なんて
簡単じゃないから大後悔することに・・・

失敗を防ぐためにはどうすればよいのか?
色選びの際に考えておくべきことや 色見本のみかたのポイントとは?

SPONSORED LINK

お家の外壁塗装でよく使われる色

外壁に使う塗料外壁塗装では
汚れが目立たない色を使用したり
雰囲気を明るくするような明るい色を使用されたりします。

具体的に言うと

赤系、青系、緑系、黄色系、茶色系、クリーム系、
などが良く使われています。

使用する色によって
周りから見えるイメージががらりと変わってしまうのが
外壁塗装の面白いところであり怖いところですよね。

例えば、
外壁が真黒な家があるとします。

第一印象はどう感じますか?

少し怖い感じがしませんか?
濃い黒色は威圧的なイメージがあるために
だいたいの場合、怖く感じてしまうのです。

しかし最近は黒いお家が多くなっています。
箱のような四角いお家の場合は
外壁の色を黒でウマくまとめたら
モダンでカッコいい雰囲気に仕上がります。

汚れも目立ちにくいのです。

外壁塗装によって
与える印象が変わるので失敗しない色選びが大切となります。

 

どんな色が良いのか(人気色など)

いろんなカラー外壁には
何色を使用すれば良いのか。

はっきり言ってしまえば
自分の好きな色を使用するべきだと思います。

だって自分の家なんですから!

ただ、周りとあまりにも協調が取れない色にしてしまうと
浮いて見えてしまうかもしれません。
(気にしないという人もいるかと思います)

家の周りに木々が多くあるならば緑系を使用したり、
白色、茶色などにするなどバランスも大切となります。

またそのお家の環境によっては
使用できる色も限定される場合があります。
まちづくり協定など)

「そうは言っても・・・人気のある色は?」

と気になる方がいるかと思います。
人気色はこちらになります。

 

・クリーム色

クリーム色は落ち着いた雰囲気があります。

そういえば、
私の住んでいる近所に住宅街が新しく出来ましたが
クリーム色の外壁の家が多かったです。

 

・ブルー系

濃い青色よりは少し薄い青、
水色が人気のようです。
清々しいイメージがありますからね^^

 

・白系

白は汚れが目立ちやすいですが
綺麗な白色はとても綺麗ですよね。

 

・赤系

明るめの赤も人気がありますが
どちらかというと黒色に近い赤(ワインレッド)や
薄い赤が人気のようです。

 

・黄色系

黄色の外壁だと結構目立ちますが
可愛い色ですよね。

 

これらの色が人気があるようです。

 

失敗しない色選び

失敗して後悔中の人

外壁塗装の色を決定する際に
まずはどうしたいのか。

これが重要だと思います。

・無難な色にしたいのか
・自分の好きな色にしたいのか

ここから考えることが大切だと思います。

そして、
色を選ぶ際に
色見本を見ることができますが
その時に失敗をしないためのポイントがあります。

色見本
小さい物だと実際の色と違って見えてしまうため

小さい色見本の場合には気になった色を
A4サイズで取り寄せることがポイントとなります。
(可能かどうかは業者に問い合わせてください)
できるだけ大きめの見本の方が
雰囲気を掴みやすくなりますし
太陽の当たり方で
また違う色に見えたりしてしまいます。

実際の現場に行って
照らし合わせた方がゼッタイにいいです。

もう一つの方法としては
カラーシュミレーション
を使用して確認する方法があります。

カラーシュミレーションを使用することで
その場でどうなるのかをイメージしやすくなります。

カラーシュミレーションを
無料で行えるサイトを紹介しておきますね。

【住宅塗り替えシミュレーション エスケー化研株式会社】
http://www.sk-kaken.co.jp/simulation/

【カラーシミュレーション THERMOEYE サーモアイ遮熱塗料 / 日本ペイント株式会社】
http://www.nippe-powerfactory.com/thermoeye/family/simcolor/simcolor.html

 

オススメの色などまとめ

By: Sids1

外壁塗装のおすすめは
無難に済ませたいのであれば
ベージュ色などの落ち着いた色を選択するのがオススメです。

「自分の個性を出すんだ!」
というのであれば

濃い目の色を使うのが良いと思います。

何色にするにしてもいきなり塗装するのではなく、
まずは色見本を取り寄せたり、
カラーシュミレーションを使用するのが良いでしょう。

ネットでもいろいろな「施工事例」を
たくさん見ることもオススメします。

自分のイメージをより鮮明にするために
新しくできたお家の雰囲気を多く見ることは大切だと思います。
施工事例集まとめ

時間をかけて選べば
その分失敗をする可能性は低くなるので。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)