クリスマスはなぜチキン!?理由を教えて!人々がケンタッキーに並ぶワケ。

クリスマスと言えば、
やっぱりチキンじゃないかと思います。

でも、
どうしてクリスマスはチキンなのでしょう??

また、
クリスマスとなるとケンタッキーに多くの人が並びますよね。

これもクリスマスにチキンを食べるのと関係あるのでしょうか?

気になるそこのところ、紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

クリスマスといえばチキン

クリスマスと言えば、
やっぱりチキンだと思います。

スーパーにも多くのチキン料理が並びますし、
それを買い求めるために、
たくさんの人が訪れるかと思います。

誰かに教わったわけでもないのに、
クリスマスと言えば、チキンですよね。

クリスマスにはケーキとチキン!!

この組み合わせは、
今後のほぼ永久に続くのだと思います。

 

チキンを食べる理由とは

これほどまでに
クリスマスにチキンを食べるようになったのはなぜか?

これには大きく2つの理由が言い伝えられています。

1つ目は、
七面鳥が手に入りにくい
ということです。

クリスマスが日本に伝わった当時、
七面鳥を食べていましたが、
この七面鳥を手に入れるのは難しく、
途中からチキンに切り替わったのだそうです。

そこから、
クリスマスにはチキンを食べるようになったという説です。

2つ目は、
ケンタッキーがイメージ付けた
というものです。

元々、
日本では先ほども説明したように七面鳥が手に入りにくく、
そこに目を付けたケンタッキーの営業マンが
クリスマスにPRをしたのです。

その内容は、
「クリスマスにはケンタッキーのフライドチキンを食べよう!」
というものです。

そのイメージが少しずつ定着し、
クリスマスにはチキンを食べるようになりました。

実際、クリスマスには
ケンタッキーのフライドチキンを食べるという人も多いと思います。

これが
ケンタッキーの営業マンのPRの成果です。

その波及効果として、
クリスマスにはチキンを食べる習慣となったのです。

このように
クリスマスにチキンを食べるようになった理由としては、
大きく2つ言い伝えがあるわけですが、
どちらにも共通するのは七面鳥が手に入りにくかったということです。

七面鳥が手に入りにくかったことが発端に、
チキンがよく食べられるようになったわけです。

 

ケンタッキーに並ぶ意味とは

By: kennejima

クリスマスと言えば、
多くの人がケンタッキーに並びますが、
やっぱりクリスマスと言えば、チキンだからでしょう。

ケンタッキーにはパーティーバーレルなどがありますが、
クリスマスにはピッタリ商品があります。

普段はケンタッキーを食べないという人でも、
クリスマスにはケンタッキーを食べることから、
クリスマスにはあれだけ多くの人がケンタッキーに並ぶのでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)