漢字検定 それぞれのレベルと合格点。勉強方法はアプリを使う?

資格試験としてはポピュラーな漢字検定ですが、
この漢字検定にはいくつかレベルがあります。

高難易度のものから比較的簡単なものまでです。

その様々なレベルの試験に対して
どのような勉強方法が良いのか?

また、
最近はアプリを使っての漢字検定の勉強が出来る方法もあります。

今回、
漢字検定とそれに合格するための勉強方法について
紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

漢字検定って?

漢字検定とは
ズバリ漢字の能力を試す試験のことになります。

いくつかのレベルに分かれていますが、
書き・読み・使い方などの
総合力的な漢字の能力が試されます。

その漢字検定は
漢検と呼ばれることが多いですが、
大人から子供まで多くの人がチャレンジしている試験です。

 

レベルはどの程度?

漢字検定のレベル
漢字検定のレベルですが、
10級~1級までレベル分けされています。

それぞれのレベルは簡単に以下の通りです。

 10級:小学校1年生程度
  9級:小学校2年生程度
  ・   ・   ・   ・
  5級:小学校6年生程度
  4級:中学校在学程度
  3級:中学校卒業程度
 準2級:高校在学程度
  2級:高校卒業程度
 準1級:大学・一般程度
  1級:大学・一般程度

10級~5級ぐらいは小学校在学レベルとなりますが、
少しずつ難しくなっていきます。

準1級、1級レベルとなれば、
覚えなければならない漢字は3000文字以上となりますので、
合格するのは至難の業です。

 

合格点はどれぐらい?

漢字検定合格点
試験は級によって満点が異なり、
合格点もそれによって変わりますが、
何%以上の合格・不合格というのが判定されます。

 ・1級~2級:80%程度
 ・準2級~7級:70%程度
 ・8級~10級:80%程度

どの級でもかなり高い得点率が求められます。

これぐらいの点が求められるのであれば、
「ほとんど出来た」という感触がなければ
なかなか難しいのではないかと思います。

ちなみに、
準1級の読みレベルは以下の動画くらいになります。
私は1つも読めませんでしたが、みなさんはどうでしょう?

【漢字検定準一級を1分ずつ復習!!】

 

勉強方法は?

漢字検定勉強する男の子
勉強方法は様々ありますが、
教材を使っての学習が一般的です。

教材も本屋をのぞけば色々ありますが、
日本漢字能力検定でも紹介しています。

『日本漢字能力検定 学習教材一覧 』
http://www.kanken.or.jp/kanken/textbook/

どれも漢検に合格するために、必要な知識を学ぶことが出来るものです。

特に分野別で演習出来る教材は、
自分の苦手分野がはっきりしている時は非常に重宝する教材です。

 

アプリでも出来るの?

漢字検定の勉強はアプリでも可能です。

まずはオススメのアプリをいくつか紹介します。

漢字検定

毎日漢字

漢検 あなたは何級?for iPhone

どれも毎日、スマートフォンで漢字を学ぶのにオススメです。

特に漢字検定については、
書きとり問題は収録されていないものの
シンプルな作りとなっているので、非常に快適に勉強出来ます。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)