久万スキーランドの営業時間はいつまで?料金とレンタルについて。

久万スキーランドは
こじんまりとしてはいるものの、
非常に使い勝手の良いスキー場です。

全国のスキーヤーの中にもファンも少なくないんですよ。

そんな私も毎年、必ず1回は
久万スキーランドを訪れていますが、
その魅力は様々かと思います。

一度も行ったことがない人にとっては、
気になる営業時間や、
料金、レンタルの有無などなど。

今回は、私が知る久万スキーランドについて、
詳しく紹介したいと思います。

ぜひ行く際の参考にしてみて下さいね。

SPONSORED LINK

久万スキーランドって?

久万スキーランド
久万スキーランドについて説明したいことは、
アレコレありますが、
まずはその概要についてご紹介したいと思います。

久万スキーランドというのは、
その名の通り、スキー場ということになりますが、
場所は愛媛県になります。

立地としては、
愛媛県松山市から1時間もあれば到着出来るスキー場となっており、
アクセスという部分では非常に優れたところにあります。

この久万スキーランドですが、
全国の名だたるスキー場に比べると、若干小さめです。

コースとしても、それほど上級者向けの急斜面というのはなく、
初級者向けや中級者向けの比較的緩い斜面のコースとなっています。

そのため、
上級者でガンガン難しいコースを滑りたい人には、
少し物足りないかもしれません。

ただし、
雪は人工雪であるために、固めのバーンとなっており、
そのため、比較的スピードがのりやすいです。

人もそれなりにいるために、
斜面が緩いということで油断していると、
スピードがのり、コントロール不能なんてことも。

その点においては、
ちょっと気をつけたいところですね。

全体的な使い勝手としては、小さめであることから、
コンパクトでまとまりがあるので、非常に優れていると思います。

ちょっと遊びに行こうかなんていうのには、
ピッタリのスキー場です。

 

久万スキーランドの魅力

久万スキーランドの魅力として上げられるものに、
何と言ってもナイターがあるのではないかと思います。

ナイターならどこのスキー場でもあるよという声も聞こえてきそうですが、
久万スキーランドは、ナイターが遅くまでやっているのです。

そもそも営業時間がかなり長めに設定されているので、
朝一から終わりまで遊べば
ほとんどの人がフラフラになるのではないでしょうか。

そんな営業時間は、こんな感じです。

平日:9時~22時
土曜:8時~24時
日曜:8時~22時

深夜にライトアップされたコースを滑るのは、
とっても楽しいですが、
朝一から滑っていると、あんまり楽しむ余裕はないかもしれません。

私も以前、朝8時から入り、ナイターまで楽しむぞと意気込んだことがありましたが、
ナイターでライトアップされた頃はフラフラ(笑)

友達からは、少しは加減を覚えなさいとまで言われる始末でした。

でも、もちろん最後まで滑り切りましたけどね。

ナイターを楽しむであれば、少し遅めに行って、
ライトアップされたゲレンデをしっかり楽しむほうがお得だと思います。

私のように朝から晩までというのは、体力に自信がある方はどうぞ。

 

久万スキーランドの営業時間は?

By: uka0310

先ほど簡単に営業時間についてご紹介しましたが、
改めて紹介します。

平日:9時~22時
土曜:8時~24時
日曜:8時~22時

ただし、少しだけ例外もあります。

平日の水曜日に限っては、
終わりが24時までとなります。

また、1月からは毎日24時までやっています。

1月以降は毎日、日が変わるまで滑ることが出来るので、
思う存分楽しむことが出来ますよ。

中には
会社が終わった後に久万スキーランドに行って、
限界ギリギリまで楽しむなんていう人もいます。

次の日の仕事はかなり辛いらしいですが・・・

ただ、こんなことが出来るのも、
営業時間が長いことと、
松山市から1時間程度で行けるという立地が揃っているからですね。

 

久万スキーランドの料金

久万スキーランドの料金ですが、
まず入場するのに料金が発生します。

これは
大人1000円、
中高生800円、
小学生以下500円、
2歳以下無料
となります。

中に入るだけでも
この料金が取られることになるので、
この点については注意が必要です。

また、
やはり滑る上でリフト券というのは欠かすことが出来ないかと思います。

このリフト券ですが、
8時間の券で4,000円となっています。

つまり、大人であれば、
8時間遊ぶのに最低でも5,000円は必要だということです。

ちなみに、
リフト券は保証金として
1,000円が更に必要になります。

ただ、この1,000円については
後ほど返ってきますので、安心して下さい。

久万スキーランドは、
比較的、小さめのスキー場であることは説明しましたが、
料金は決して安くはないんです。

この料金だけが、ネックと言えば、ネックになるのかな
と思います。

 

久万スキーランドのレンタルについて

久万スキーランドには、
レンタル設備も充実しています。

そのため、
道具を持っていないという人も安心して遊びに行くことが出来ます。

しかも、レンタル品というと、
型落ちだったりすることもありますが、
久万スキーランドは、最新モデルを導入しています。

そのため、
使ってみたかった道具を借りることも出来ちゃうんです。

道具は持っているけれど、
使ってみたいからレンタルしようなんていう選択肢もありなんです。

ちなみに、レンタル方法としては、
券売機でレンタルチケットを購入します。

その後、レンタル室へ行き、
伝票に必要事項を記載するだけです。

これで道具を借りることが出来ます。

ちなみに、料金ですが、
フルセットで大人6,500円、中学生以下4,500円となっています。

決して安い金額ではないものの、たまにしかやらないという人や、
とりあえず初めてで様子を見るという人は、
レンタル利用をするのが良いかと思います。

 

久万スキーランドのコースについて

小さめと説明しましたが、
久米スキーランドにもいくつかのコースがあります。

それらのコースについて最後に紹介します。

ウイングコース

最大斜度18度という、
コースとしての難易度はそれほど高くないコースです。

初心者の方でも安心して滑ることが出来るコースになっています。

ただ、バーンは固めなので、スピードの出し過ぎには要注意です。

幅も広く、のんびり滑ることが出来ますので、中級者や上級者の方は、
少し休みたい時にも利用出来るコースになっています。

 

皿ヶ峰コース

こちらは最大斜度24度と
先ほどもウイングコースよりも少し急なコースになっています。

ただ、こちらも初心者から上級者まで楽しむことが出来るコースになっており、
左側のほうにはコブのコースもあります。

ちょっと難しいコースをと考える方は、
コブコースにチャレンジしてみて下さい。

 

三坂コース

こちらは最大斜度22度のコースになっていますが、
こちらのコースはちょっと薄暗いコースになっています。

もちろん滑れないほどではないですが、気になる方は注意して下さい。

ナイターの時には、
多くの人がウイングか皿ヶ峰に行くので、
こちらの三坂のほうは人が少ないです。

一人でこっそり練習なんていうのにピッタリのコースだと言えるかと思います。

ちなみに、ボード向けのアイテムも途中にありますので、
そちらで遊ぶのもオススメです。

 

初心者とチビッコゲレンデ

ここはまさに初心者とチビッコのためのコースです。

最大斜度で10度ですから、
初めてスキーやボードをやるという人にはピッタリです。

また、このコースの横にあるリフトは無料です。

そのため、初めてや久々という方は、
まずは入場料だけ払って中に入り、
ここで練習すると良いです。

そして、慣れてきたぐらいでリフト券を購入し、
本格的にコースデビューすると良いのではないかと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)