ファンスキー 初心者は危険?安全な滑り方や板の選び方とは?

スキーの中でも
ファンスキーはダイナミックな滑りが楽しめるものです。

初心者から上級者まで
様々な方がファンスキーを楽しんでいますが、
実はちょっと注意しなければならないことがあります。

ファンスキー、危険なんですね。

そこで、
ファンスキーを滑るに当たって
注意したいこと、安全に滑るための方法など、
ご紹介したいと思います。

これからファンスキーを始める方は、
板の選び方なども参考にしてみて下さい。

SPONSORED LINK

ファンスキーとは

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%ef%bc%92
ファンスキーというのは、
簡単に言えば、短いスキーのことを言います。

ちゃんと定義もあって
130センチより短いものを言うようですが、
たいてい短いスキーは
ファンスキーだと思ってもらって構わないです。

何と言ってもその特徴は、
板が短いことにより出来るダイナミックな滑りで、
長い板では出来ないことがファンスキーでは出来ます。

ちょっとしたエアなども
ファンスキーであれば、
板が軽いのでチャレンジしやすく楽しむことが出来ます。

基本的にはスティックも必要ありませんので、
両手が空いた状態で滑ることが出来るのも特徴の1つですね。

 

ファンスキーと初心者

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%ef%bc%93
ファンスキーは
慣れてしまえばとっても楽しいものですが、
初心者の方は注意しなければなりません。

ファンスキーには、ある危険が伴うからです。

その危険というのが
骨折なのですが、
ファンスキーはそのほとんどが、
固定式ビンディングとなっています。

固定式ビンディングというのは、
転んだ時などに外れない機構になっているということで、
あっけなく骨折してしまうケースもあるのです。

ファンスキーの中には、
解放機能が付いたビンディングが付いているものもありますが、
そもそもそういったことを知らず使用している方もいます。

スキーの技術が一定以上あれば良いですが、
初心者の方だと
骨折などの大けがの危険が伴うのは容易に理解出来ますね。

初心者の方がファンスキーを始める際は、
そのことについて
よくよく理解しておかなければならないのです。

 

ファンスキーの滑り方

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc%ef%bc%94
それでは、具体的に
ファンスキーの滑り方ですが、
基本的には
姿勢を低くし、
両手でバランスを取るようにして滑ります。

また、ターンの時は、
親指に力を入れるようにして滑ると、
上手くターンすることが出来ます。

今まで
通常のスキーをやっていた人は、
スティックがないファンスキーに最初は戸惑うかもしれませんが、
体重移動のコツさえつかんでしまえば、それほど問題ないと思います。

 

ファンスキーの選び方


ファンスキーの板の選び方ですが、
大きく2つに分けることが出来ます。

・エアを決めて、楽しみたい人
・普通に滑りたい人

これにより長さが変わってきますが、
エアを決めて楽しみたい人は、
100センチよりも短いぐらいが良いです。

普通に滑りたい人は、長めが良いですので、
130センチ前後ぐらいの長さ
にすると良いかと思います。

基本的に短いほうが回ったりするのが簡単ですが、
安定感にかけると覚えておくと良いでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)