中学校入学準備費用の金額。公立でもお金がかかる!義務教育なのに。

小学校から中学校への進学。

わが子も大きくなったな
と感動する一方で、
入学時には当然お金が必要となります。

公立と私立では、かかる費用も異なりますが、
費用が発生することに違いはありません。

では、
具体的にいくらぐらいかかるのでしょうか?

なかなか聞けないお金の話、
ここで少し説明してみたいと思います。

SPONSORED LINK

中学校の入学準備

中学校に入学する際、
入学準備というものが発生します。

これは小学校の時もあったと思うのですが、
6年間も経つと、
小学校の時は何やったかな~
なんてあんまり覚えていないものです(笑)

基本的に大きくは変わらないのですが、
中学校の場合は、
小学校とは異なり、制服の購入費というのが発生します。

恐らく、公立中学校に入学する際、
この費用が一番大きくなるのではないかと思います。

油断していると
あれよあれよとお金がなくなっていくのが入学準備だなと、
今になって思うところはありますね。

 

入学の準備費用の金額いくら?

では、気になる、
実際に入学の準備費用にいくらかかるかということですが、
結論から先に述べれば
30万円ぐらいあれば安心です。

「30万円も!?」

と思うかもしれませんが、
これぐらいはかかります。

何にかかるかというと、
概ね下のような費用にかかるかと思います。

・制服上
・制服ズボン
・ワイシャツ×2
・ベルト
・体操着長袖上×2
・体操着長ズボン×2
・体操着半袖上×2
・体操着短パン×2
・上履き
・革靴

これらが
まず最低限、学校に通うための服装になります。

これ以外に
入学準備の時は購入しませんでしたが、
コートジャンパーなどを買うと、
その費用も必要となります。

他にも、
カバン、文房具、靴下などなどを購入。

ここまでが
主に子供に持たせるものの費用となります。

次に
PTA会費、経費、校外学習費用等々。。。

これらも合わさって請求が来ると、
それなりの額になってきます。

こんなにと思いつつも
子供のためなので、払うしかないのです・・・

最後に
これは子供にもよるかと思いますが、
部活の費用です。

息子は野球部だったため、
カバンにシューズ、ユニフォームにグローブなどなど、
中学校に入学するということで、
色々と新調したために結構な額がかかりました。

入る部活によっても金額は変わってきます。

スポ小で使っていたのは
だいぶボロボロだったので仕方ないのですが、
こういった部活でかかる費用というのもバカになりません。

我が家が中学校の入学準備でかかった費用はこれぐらいです。

家庭によって各々の事情はあると思いますが、
ある程度、想定して
お金の準備はしておいたほうが良いと思います。

そして、
ベルトやワイシャツなどは、
指定色さえあっていれば、
どこで買っても良いので、
ユニクロなどで済ませちゃうなんていうのも良いかと思います。

ある程度の消耗品であれば
安く済ませておくのは大事な事かも知れません。

あれもこれも学校と通して買うと、
何かと高く付いちゃいますからね。

 

公立と私立の違い

先ほどは
我が家のケースを例に紹介しましたが、
これは公立のケースです。

これが私立となれば、
もっと余計にお金がかかることになります。

例えば、
入学金に「寄付金」なんていうものがかかってきます。

学校によりけりですが、
これだけで50万円なんていうこともザラにあります。

それ以外に
制服などの費用が発生し、
私立となれば、
オシャレなデザイナーがデザインした制服ということで、
公立のものよりも高くなったりします。

このように
公立と私立では、費用が発生する箇所も、
それぞれの費用の大きさもまったく異なります。

私立は学校によっても様々という部分がありますので、
入学を考える際は、
その辺りもよくよく確認しておかないと、
後から大変な目に遭うかもしれません。

 

義務教育とお金

By: panda lee

公立であれば義務教育ですので、
お金はかからないだろうと思いがちです。

実際、
そんなに小学校ではかかった覚えはないという人もいるはず・・・

ただ、やっぱり中学校になると制服や部活などで、
色々なお金がかかってきてしまうんです。

ちなみに、そんなにかかるなんてと思う方は、
私立の方と比べてみるとよく分かります。

私立の場合は、
年間の授業料として
数十万も負担しなければならないケースもあります。

それを考えれば、
義務教育でかかるお金は最低限の必要賃金だと思わなければなりませんね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)