桃の節句 菱餅の色の意味と食べ方について詳しく解説!

桃の節句に菱餅(ひしもち)
やっぱり付き物ですよね。

雛人形なども大切ですが、
このカラフルな菱餅がないと
味気ないなと思ってしまいます。

そんな菱餅ですが、
その意味食べ方などは案外知られていません。

そこで、今回は、
菱餅について色々と詳しく解説したいと思います。

改めてその意味を知り、
桃の節句の時には菱餅を飾って欲しいですね。

SPONSORED LINK

桃の節句と菱餅

By: (C)toitoi

桃の節句菱餅というのは、
非常に密接な関係にあります。

そもそも桃の節句というのは、
中国の上巳の節句(じょうしのせっく)が日本に伝わり、
それが変化した形と言われています。

この上巳の節句というのは、
川に入って1年の穢れ(けがれ)を落とすという行事になりますが、
その時に、餅の団子が食べられていました。

それが日本に伝わる上で、
形が現在のように変化し、
色も当時、加わったとされています。

菱形のお餅は
桃の節句の時にしかほとんど見ることがありませんが。
その形には
子孫繁栄や長寿、災害から身を守るための形
とされています。

 

菱餅の「色」の意味


菱餅の色を正確に書けと言われて、
はっきりと覚えている人というのは、
なかなかいないのではないかと思います。

大きく3つに分かれていることが大半で、
緑と白と桃色であることがほとんどです。

この色にはそれぞれ意味があり・・・

緑・・・厄除けと健康
白・・・子孫繁栄と長寿
桃色・・・魔除け

このようになっています。

つまり、菱餅には
トラブルなく健康的に過ごし、繁栄する
という意味が込められているのです。

最近では、
これらの色に加えて
オレンジ黄色というものが入った菱餅もあります。

また、菱餅の順番も、
緑、白、桃色と
白、緑、桃色と
いうものがありますが、
それぞれに言葉が添えられています。

緑、白、桃色には、
雪の下には若芽が芽吹き、雪の上には花開く。

白、緑、桃色には、
雪の中から若芽が芽吹き、若芽の上に花開く。

このようになっています。

たくさんの意味や言葉が添えられている菱餅ですので、
桃の節句の時には、
ぜひ飾って欲しいと思いますね。

 

菱餅の食べ方

By: Ryosuke Yagi

最近の若い子の中には、
菱餅を食べたことがない人がいると、
以前聞いて驚いたのですが、
実はそれほど難しくありません。

菱餅と言うぐらいですから、お餅です。

通常のお餅のように焼いて、
好きな味で食べれば美味しく食べることが出来ます。

この時、角をちぎりながら食べるようにすると、
角が立たないように丸く生きる
という意味になります。

焼きすぎると、
自然と角がなくなって丸くなったりもするのですが、
食べる時はぜひ意識して
食べてみると良いのではないかと思います。

 

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)