潮干狩りの持ち物リスト!便利なモノと服装のアドバイスをします

毎年、子供を連れて潮干狩りに行きますが、
やっぱりたくさん取れると楽しいですよね。

そして、
思いっきり楽しむためには、
持ち物などの「準備」は大切です。

ここでは、
潮干狩りに必要な持ち物を紹介したいと思います。

持って行くと便利なものも合わせて紹介します。

服装なども紹介しますので、
参考にしてみて下さいね。

SPONSORED LINK

潮干狩りの時期

貝を獲るだけであれば、
実は1年中獲ることが出来ます。

ただ、
やっぱり獲るなら美味しい貝が良いですよね。

それを加味すると、
ベストシーズンは4月~5月にかけての時期となります。

このぐらいの時期であれば、
引き潮の時間が長くなりますので、
長い間楽しむことが出来ますし、
水もそれほど冷たくありません。

また、
獲れる貝もこの時期ぐらいから美味しくなるんです。

5月と言えば、GWがありますよね。

潮干狩りするには、
ベストな長期連休となるんです。

我が家も毎年、
潮干狩りに行く時はGWであることが多いですね。

 

潮干狩りでの持ち物リスト

潮干狩りでの持ち物ですが、
まずは、
これは必要だっていうものを上げます。

  • 熊手
  • ポリバケツ
  • 保冷材
  • 軍手

これらのものは、
潮干狩りをするのに最低限必要なものです。

熊手については、
制限がある場合もあります。

準備する際は、
目的の潮干狩り地に合わせて下さい。

では、
続いて潮干狩りするにあたって
持って行きたいものの紹介です。

  • タオル
  • ばんそうこう
  • レジャーシート

これらは直接的に潮干狩りには関係ないですが、
あると便利なものです。

特にばんそうこうは
海辺で切り傷を作ることも少なくないので、
絶対に持って行ったほうが安心です。

塩水はキズにしみますからね。。。

これらの持ち物を参考にして、
楽しい潮干狩りにして下さい。

 

便利なモノはこれ

あってもなくても良いけれど、
あると便利なものってありますよね。

そして、
潮干狩りにおいて、
それは折りたたみイスです。

海辺で潮干狩りをするにあたって、
ずっと中腰でやるのは非常に身体にきます。

そこで活躍するのが、折りたたみイスです。

海辺に折りたたみイスをセットして
座りながら潮干狩りすると、
かなり身体への負担が少なくなります。

元気な子供たちは必要ないでしょうけど、
保護者にはあったほうが良いと思います。

 

どんな服装で?

潮干狩り当日の服装ですが、
長袖、長ズボンが基本です。

気候によっては暑く感じることもありますが、
短い服装だと切り傷を作る危険性があります。

それを防ぐためにも、
長袖、長ズボンをオススメします。

また、
頭には日よけのための帽子
足元は長靴が良いです。

よく
ビーチサンダルで潮干狩りしている人がいますが、
足を切っている方をよく見かけます。

私も経験がありますが、
海の中で足を切ると塩水でめちゃくちゃ痛いです。

もちろんそれ以降、
私が長靴なのは言うまでもありません。

こちらの服装も持ち物と同様に参考にしてみて下さいね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)