間質性肺炎に効果的な治療はある?完治した予後のリハビリが大変?

間質性肺炎(かんしつせいはいえん)は
通常、言われる肺炎とは違う間質という組織に
疾患が起きることによって引き起こされる肺炎です。

症状として息苦しくなったりする肺炎。
その治療法は原因によって異なりますが、
薬剤投与が一般的です。

しかし、
場合によっては薬剤投与が重篤化を招く恐れもあります。

今回は、
この間質性肺炎についての紹介と
その治療法、 予後などについて説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

間質性肺炎とは?

普通の肺炎とは違う
「間質性肺炎」とよく言われる「肺炎」とは異なります。

どう違うかというと下のような違いがあります。

 ・通常の肺炎:細菌感染によるものが原因で気管支や肺胞内に炎症

 ・間質性肺炎:肺の間質の疾患によって起きる肺炎

次の動画でも紹介されていますが、
間質性肺炎は肺胞線維質になり厚くなることで、
肺の収縮がなくなってくるために息苦しくなります。

原因としては
感染症はカビ、抗生物質や放射線など様々です。

また、
慢性的に進行した場合は
10年以上生きられることも多いようですが、
治療に対して抵抗があるもので進行が早いケースでは
数週間で亡くなってしまうこともあります。

【びまん性間質性肺炎、特発性間質性肺炎】
 

 

治療法は?

治療する間質性肺炎
間質性肺炎の治療法ですが、
投薬による治療になります。

日本でのみ承認されている
ピルフェニドンという薬が投薬されることが多いですが、
この薬は光線過敏症などの副作用が確認されているので、
その点については注意が必要です。

また、
肺胞が収縮しないことから
酸素不足になるため人工呼吸器なども使用されます。

 

完治はするの?

治ってほしい間質性肺炎
この病気について完治するのかは非常に心配だと思います。

間質性肺炎は完治する可能性はあります。
そういう意味でも希望が持てます。

ただし、
決して完治する可能性が高くはないというのが真実です。

治療を始めるタイミング、
間質性肺炎の原因となる要素にもよるところが大きいです。

もちろん治療を始めるほうが
完治する可能性が高いのは言うまでもありません。

 

予後について

お医者さんお願い間質性肺炎
予後(発症した時の見通し)
ですが、
完治する可能性があるとは言いましたが、
ほとんどのケース悪化していきます。

治療法も色々ですが、
その多くは緩和を目的としたものとなっています。

特に
日常生活に支障がないように行う
リハビリテーションなどは非常に大事です。

リハビリについて

間質性肺炎が発症した時に行うリハビリは
呼吸筋ストレッチがあります。

このやり方は下のような方法で簡単に実践出来ます。

 ・ゆっくり吐く
 ・ゆっくり息を吸いながら胸を押し上げる
 ・再びゆっくり吐く

この方法で呼吸筋を鍛えることが出来ます。

呼吸筋を鍛えることで、
日常生活の呼吸のサポートをすることが出来ます。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)