偏光サングラス選び方のポイント!ドライブに最適な運転時にオススメはこれ!

太陽から目を守るアイテムとして、
とっても便利なのが偏光サングラスですね。

ドライブなどに出かけるときには、
ぜひ使いたいアイテムだと思います。

ただ、
この偏光サングラス、
選ぶときは正しく選びたいものです。

そこで、
偏光サングラスの選び方のポイントや、
ドライブの時にオススメの1本を紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

偏光サングラスで目を守る

人によって様々ですが、
太陽の光による目の影響っていうのは、
それなりにあるものです。

紫外線などが直接目に与えるダメージは
蓄積されればそれなりのものとなりますが、
そんな時に守ってくれるのが偏光サングラスです。

偏光サングラスによって、
目をバリアし、
尚且つ、ドライブの時は
快適に運転することが出来るようになります。

突然、光が目に入ってきて、
目の前が見えなくなった経験があるドライバーも多いと思いますが、
偏光サングラスをかけていれば、
こういった危険も未然に防ぐことが出来ます。

目を守るため、安全を確保するためにも、
偏光サングラスは非常に重要です。

 

偏光サングラスの正しい選び方

偏光サングラスを選ぶ際には、
いくつかポイントがあります。

正しく選ぶためには、
それぞれのポイントを抑える必要があります。

1つ目のポイントとしては、
『レンズの素材』です。

素材によって
価格強度が異なってくるのですが、

選ぶ素材としては、
ガラス、プラスチック、ポリカーボネイト
になります。

それぞれ長所と短所があり、
ガラス
歪みにくいが壊れやすい

反対にポリカーボネイト
壊れにくいが歪みやすくなっています。

プラスチックその中間です。

自分の使用環境などを考えて、
素材は選定すると良いでしょう。

 

2つ目のポイントが、
『偏光度』になります。

偏光度というのは、
光の反射を遮る効果のことですが、

これが高ければ高いほど、光を遮ってくれます。

高ければ高いほど遮ってくれるものの、
価格もそれなりとなっていきますので、
購入の際にはお財布と相談しましょう。

ただし、
照り返しが強いところでは、
90%以上のものがオススメです。

 

最後のポイントは
『可視光透過率』になります。

これはレンズそのものが通す光の割合ですが、
数値が高ければ光を通し、
低ければあまり光を通しません。

これは実際にかけてみて、
自分の感覚と調整してみると良いでしょう。

偏光サングラスを選ぶときは、
この3つのポイントを抑えることで、
自分に合った正しいサングラスを選ぶことが出来るはずです。

 

ドライブに最適なサングラス

最後に運転する際にピッタリのサングラスを紹介します。

 

タレックス

運転にピッタリの偏光サングラスとくれば、
まずあがるのがこの名前。

有名なドライバーなども愛用していることから、
その性能が伺えます。

やはりレンズメーカーだけあって、
使ってみれば効果は歴然です。

 

オークリー

こちらも
サングラスとしては有名なブランドですね。

普段使いからレジャーまで
様々なシーンに対応したサングラスがありますが、
もちろん運転にも適しています。

オシャレなデザインのものも多いので、
若い人にはオススメです。

 

ナイキヴィジョン

ナイキから出ているサングラスがこちらになります。

タフな設計になっていながらも、
つけ心地は抜群で、
長時間使っていても疲れません。

趣味などにも兼用出来ますので、
オススメのサングラスになります。

 

運転に最適なサングラスをいくつか紹介しました。

ぜひぜひ実際に手に取ってつけて、
その性能を感じてみて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)