タケノコって栄養あるの?実は驚きの効能が隠されていた!?

今では
年中、食べることが出来るタケノコですが、
やっぱり
シーズンの時期がイチバン美味しいですよね。

その時期のタケノコは
栄養もたっぷりです。

ちなみに、
タケノコの栄養って
どんなものが含まれているかご存知ですか?

実は皆が思っている以上の栄養や効能が含まれています。

今回は、
そんなタケノコの栄養について紹介していきたいと思います。

SPONSORED LINK

タケノコが美味しい時期

タケノコって
春のイメージがあると思うのですが、
実は時期としては、もう少し長かったりします。

多くの人のイメージとしては、
3月~4月ぐらいの温かくなってきた頃ですが、
5月や6月も時期です。

これは
種類によって時期が違うためで、
一般的に食べられているタケノコの種類としては、
孟宗竹(モウソウチク)
という種類になります。

この時期は、
3月中旬から4月位ですので、
多くの人がタケノコのイメージをこのように考えているのです。

他の種類としては、真竹淡竹というものがあり、
これらのタケノコは5月や6月になります。

 

タケノコの本当の栄養と効能

さて
タケノコに含まれる栄養と効果ですが、
まず良く言われる栄養としては、
食物繊維カリウムが豊富です。

どちらも
様々な効能が期待出来る栄養ですが、

食物繊維は、
便秘解消や大腸がんの予防から始まり、
コレステロールの吸収なども抑えてくれます。

カリウムについては、
水分バランスを整えてくれる栄養となりますので、
むくみの防止に効果的なんです。

ここまでの効果を考えてみると、
実はタケノコは
女性にとっても嬉しい栄養と効果があることが分かります。

便秘解消にむくみ改善など
女性にとっては、嬉しい効果ばかりですよね。

そして、
タケノコに含まれる栄養と効能で本当に紹介したいのは、
チロシンの存在です。

あまり聞きなれない栄養ではありますが、
このチロシンは
ドーパミンなどの神経伝達物質の原料になる存在です。

ドーパミンなどの神経物質は、
脳を活性化させたり、やる気を引き出したりするのですが、
チロシンが不足すると、
自然とこれらの神経物質も不足することになります。

つまり、日々のやる気が失われるということです。

チロシンを含んだタケノコを食べることは、
こういったことを防いでくれることになりますので、
とても重要なのは、言うまでもありませんよね。

タケノコには
こういった栄養や効能があります。

ぜひぜひ積極的に取りたい食材であることは間違いないですね。

 

栄養を生かせるレシピ

タケノコを美味しく食べるレシピは様々ありますが、
オススメなのは、炊き込みご飯です。

これは
先ほど紹介したチロシンは、
ブドウ糖と組み合わせることで、吸収が良くなるためです。

ご飯はまさにブドウ糖摂取には効果的ですので、
理想的なレシピとなるのです。

では、
そのタケノコの炊き込みご飯のレシピのご紹介。

【材料】

・たけのこ・・・1本
・お米・・・3合
・ニンジン・・・適量
・油揚げ・・・1枚
・薄口醤油・・・45ml
・酒・・・45ml
・水・・・カップ2と1/4

【作り方】

  • たけのこを薄くお好みの大きさに切ります。
  • 油揚げ、ニンジンを細かく刻みます。
  • お米を炊飯器にセットし、材料を全て入れます。
  • 炊飯器のスイッチを入れて、炊き上がったら完成。

簡単に言えば、
材料を切って、炊飯器に入れて、スイッチポンです。

誰でも簡単に出来ますので、ぜひお試しあれ。

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)