6月の手紙の書き方では、季語はこんな言葉を使う。

日本の文化として
手紙には季語などを沿えるというものがありますが、
季節ごとに決まっており、
6月は6月の季語を入れる必要があります。

しかし、
メールなどが発展したこともあってか、
手紙を書くというのは苦手だという人も多いようです。

そこで、
今回は6月に手紙を書く場合の季語や、
手紙の書き方などについて簡単に説明していきたいと思います。

SPONSORED LINK

6月に出す手紙

6月のお手紙
年賀状や暑中見舞いなど
季節に応じて出す手紙というのはありますが、
6月には特にコレという手紙はありません。

ですので、
他の季節に比べたら
手紙を出すタイミングというのは少ないかもしれませんが、
それでも結婚や出産など
季節を選ばない手紙というのが書く必要がありますし、

そういった手紙を書く際にも
季語というものは必要です。

簡単ですが、
季節を選ばない手紙としては下記のようなものがあります。

 ・結婚祝いのお礼状
 ・出産祝いのお礼状
 ・お中元やお歳暮などのお礼状
 ・死亡通知
 ・結婚の挨拶
 ・引っ越しの挨拶

必ず書く必要があるわけではありませんが、
お世話になった人には書いたほうが良いものばかりです。

 

6月にはどんな季語が?

6月に手紙を書く際に必要な季語ですが、
下記のようなものが一般的です。

・入梅の候
・入梅の折
・入梅のみぎり
・梅雨の候
・初夏の候

梅だったり、梅雨だったりというものが多いです。

また、
手紙は季語ではなくても
文章で季節感を出すという方法もあります。

そのために
『蒸し暑い日~』から始まるような文章であったり、
『梅雨空の下で~』というような始まりの文章であったりと
特にコレという決まりはありません。

自らの文章で表現出来るのであれば、
それはそれでOKです。

 

書き方解説

手紙の書き方ですが、
季語や季節を表す文章は最初に入れます。

そして、
最後は相手を気遣うような文章で終わるのが一般的です。

『体調に気をつけてください』
というような終わり方であったり、

『ご活躍をお祈りしています。』
というような終わり方の文章は
見たことがあるという人も多いと思います。

季語や結びの言葉については、
これぐらい抑えておけばOKです。

手紙を書く上では
他にも筆記用具や紙などにもこだわりたいです。

動画でも紹介されていて、
ホワイトボードに記載されていますが、
手紙が渡った瞬間に相手がどう思うかです。
文章も大事ですが
便せんなどそういったものにはこだわりたいです。

【手紙の書き方アドバイザー2級講座】

メールやSNSが発展した今だからこそ、
しっかりと手紙を書ける人になりたいですね。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)