秩父の美味しいイチゴ狩り!人気のあるおすすめの農園をご紹介

甘くて美味しいイチゴが食べ放題!!!!
イチゴ狩りが楽しい♡

うちの娘がイチゴが大好きなこともあり、
シーズンになるとイチゴ狩りに繰り出します。

秩父には、様々なイチゴ農園があるので、
イチゴ狩りを楽しむことも難しくないんですね。

また、
県外からバスツアーなどでも、
イチゴ狩りに来るほどのスポットです。

今回は、
そんな秩父で楽しめるイチゴ狩りスポットについて、
見どころなども交えつつ紹介していきたいと思います。

我が家では
鉄則となっているイチゴ狩りの楽しみ方なんていうのも、
併せて紹介しますので、ぜひぜひ参考にしてみて下さい。

秩父でイチゴ狩り!

By: yuko

秩父と聞くと、
何だか田舎のようなイメージが強かったり、
「炭鉱があった場所?」
なんて聞き方もされたりします。

秩父っていう言葉を聞いたことがある
っていうのは嬉しいのですが、
あまり酷い言われ方をするのは悲しいですね。

そんな秩父ですが、
実はイチゴ狩りが楽しめるスポットが満載です。

私は秩父で生活している者として、
この点を声高々にアピールしたい!!(笑)

バスツアーなどでも
秩父へのイチゴ狩りツアーが組まれるほどですから、
いかに有名かっていうことが分かりますよね。

ちなみに、
我が家も毎年、半分は娘のため、もう半分は私のために、
イチゴ狩りに行きます。

色々な農園があるために、
それこそ毎週行っても行き足らないくらいです。

今回は、
秩父に数あるイチゴ農園についてご紹介していきます。

これから秩父でイチゴ狩りを計画している方、
イチゴ狩りをどこかでやりたいなと考えていた方は、
ぜひ秩父のイチゴ農園でのイチゴ狩りを体験してみて下さい。

 

秩父のイチゴ狩り人気おすすめ農園

By: Nguyen Hung Vu

秩父のイチゴ狩りで
人気のおすすめの農園ですが、
実はどこもおすすめなんです。

そして、
どこもかなりの人気です。

そのため、
休日となると、混雑は必須ですが、
めげずに訪れてみて下さい。

では、早速、
イチゴ農園をご紹介します。

 

秩父フルーツファーム

まずは、
秩父フルーツファームのご紹介です。

こちらでは、
イチゴ狩りが1月中旬~5月ぐらいまで楽しむことが出来ます。

紅ほっぺを楽しむことが出来るのですが、
粒が大きいために食べごたえは抜群で、
味も絶品です。

満足行くまで堪能出来ますので、
初めての秩父でのイチゴ狩りであれば、
こちらを選んでおけば間違いないでしょう。

ただし、期間の終了については、
イチゴがなくなったらとなっていますので、
5月というのは過信せずに早めに行くか、
事前に問い合わせするようにして下さい。

他にも、こちらの農園では、
BBQも楽しむことが出来ます。

イチゴ狩りだけではなくて、
BBQ付のピクニックと考えても良いかもしれません。

 

釜の上農園

続いて紹介するのは、釜の上農園です。

こちらは、
何と言っても県下一の広さを誇る農園ですので、
まず始めにその広さに圧倒されるでしょう。

イチゴ狩りは1月~5月まで楽しむことが出来ますが、
いくつかの品種を楽しむことが出来るので、
食べ比べなんていうのもアリです。

ちなみに、
こちらの農園では、
予約すれば、自分で摘んだイチゴで、
イチゴ大福を作る体験も出来ちゃうんです。

美味しいイチゴ大福を作る機会はなかなかないので、
子供達に体験させるという意味でもポイントは高いですね。

我が家、一押しの農園の1つです。

 

あしがくぼ果樹公園村

続いては、
いくつかの農園が集まった果樹公園の紹介です。

こちらも
1月~5月ぐらいまでイチゴ狩りを楽しむことが出来、
イチゴの味もバッチリです。

また、季節ごとに
他にも様々な味覚狩りが出来るので、
遊びに行くスポットとしては、
年中候補に入りますね。

更に、
子供達には嬉しいことに
ローラー滑り台なども近くにありますので、
ここで遊べるのも
ご家族連れにはポイントになるんじゃないかと思います。

 

おきうね農園

ジェラートが食べたくなると、行くのがこちらのおきうね農園

ここでのイチゴ狩りの特徴は、
多品種を味わえる点にあります。

食べ比べ出来るというのは、
やっぱりイチゴ狩りの1つのポイントですね。

更に、
農園で収穫されたフルーツなどを使ったジェラートが絶品なんです。

こちらに訪れた人のほとんどの人が食べる
と言っても過言ではないジェラートです。

ここでイチゴ狩りした後は、
ぜひジェラートを味わって帰って下さい。

そうしないと、もったいないですよ!!

 

将門園

将門園も、
イチゴ狩りスポットとしては、かなり有名な農園です。

ここでも多品種のイチゴを栽培しており、
女峰や紅ほっぺ、やよいひめなどが取り揃えられています。

これらはどれも美味しいイチゴですが、
食べ比べてみると、その違いが感じられます。

そして、
こちらの農園の最大のポイントとなるのは、
ポニーの乗馬体験が出来る点にあります。

しかも、
無料で乗馬出来ちゃうんですよね。

イチゴ狩り、ポニー乗馬と
1日中楽しめる農園になっています。

 

八木観光農園

同じ動物繋がりとして、
紹介したいのがこちらの八木観光農園です。

こちらでは、
ヤギやうさぎといった動物と触れ合うことが出来、
うちの娘は、
イチゴそっちのけで「ヤギさーん」と走りまわってます。

おいおいイチゴ食べろよって感じですが(笑)

肝心のイチゴですが、
とちおとめが食べ放題となっており、
非常に甘みが強く、どれも大満足となっています。

大人はイチゴ、
子供は動物なんていう楽しみ方が出来ちゃいますね。

 

みかど農園

1年中、
様々な味覚狩りを楽しむことが出来るみかど農園

1月~6月ぐらいまでは、
イチゴ狩りを楽しむことが出来ます。

こちらのイチゴも
味が絶品であることに間違いありませんので、
イチゴ狩りにはきっと大満足出来ることでしょう。

さらにオススメのポイントとしては、
園内でのバーベキューや、
川遊びでの魚つかみなども体験出来ることになります。

味覚狩りだけではなくて、
アウトドアのレジャーを一通り楽しむことが出来るので、
非常に有意義な時間を過ごすことが出来るはずです。

 

小松沢レジャー農園

最後に紹介するのが、小松沢レジャー農園

こちらは、
12月~6月まで体験出来るイチゴ狩りが1つのポイントです。

イチゴは味が濃く、
とっても美味しく食べることが出来ます。

また、それ以外にも
様々な楽しみポイントがあるのが特徴です。

うどん作りやそば打ち、
ピザ焼き、溶岩バーベキュー、流しそうめんなどなど、
様々な体験をすることが出来ます。

家族で来て、
ちょっとした体験をするというのも良いんじゃないでしょうか。

 

 

秩父でオススメのイチゴ農園を紹介しました。

中にはイチゴ狩りだけではなく、
年中、様々なことで楽しめる農園も数多くあります。

家族で行くレジャー先として、
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

イチゴ狩りを楽しむポイント

By: Nguyen Hung Vu

イチゴ農園を決めたら、
次はイチゴ狩りをより楽しむポイントです。

これを知っているのと、知らないのとでは、
楽しみ方が大きく違ってくることになります。

まず、一番大切なのが、時期です。

多くの農園が
1月~5月まで楽しむことが出来ますが、
オススメは1月~2月の間になります。

このぐらいのイチゴは実も大きく、
味も甘くて美味しいです。

 

次に、行く曜日ですが、
可能であれば、水曜日~金曜日が良いです。

どうしても、
人が集中する週末などでは、
いちごが食べつくされてしまいますので、
土曜日~火曜日ぐらいは避けられるなら避けたほうが良いかも・・・

同様の発想から、
行くなら開園直後が良いです。

そうすると、
きっと農園の中には
真っ赤に実ったイチゴがたくさん残っているはずですから。

イチゴを美味しく食べるのであれば、
これらの行くタイミングというのは非常に重要です。

ぜひポイントとして抑えて、
美味しいイチゴを堪能してみて下さい。

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)