レビー小体型認知症になる原因とパーキンソン病との違いとは

レビー小体型認知症
パーキンソン病とでは
まったく異なる2つの病気ですが、密接な関係があります。

レビー小体型認知症にかかると
パーキンソン病の症状も出てくるからです。

では、
それぞれどういった病気となるのか?

また、
レビー小体型認知症の原因はどういったところにあるのか?

今回はレビー小体型認知症および
パーキンソン病について説明したいと思います。

SPONSORED LINK

レビー小体型認知症の原因は?

ブレイン
幻想や妄想
などに悩まされる
認知症のレビー小体型認知症ですが、
その原因はレビー小体にあります。

このレビー小体が
大脳皮質に現れるとレビー小体型認知症になります。

認知症の中でも
3大認知症の1つと言われているレビー小体型認知症ですが、
日常生活の何が原因で起きるのかは分かっていません。

実際にレビー小体型認知症を発症した方でも
ある日、突然、
医師からそういう風に告げられたというケースも多いようです。

 

パーキンソン病との違いは?

By: ajari

レビー小体型認知症を発症すると
幻想や妄想症状の他、
パーキンソン病の症状が出ます。

しかし、
根本的な2つは違う病気ですので、
それぞれに症状が異なります。

レビー小体型認知症は
あくまで認知症であり、
妄想や幻想などが主な症状です。

それに対して
パーキンソン病などは
手足のふるえなどから始まり、
運動機能の低下が症状となります。

簡単に以下のようなイメージとなります。

 ・パーキンソン病:運動機能の低下

 ・レビー小体型認知症:幻想や妄想 + パーキンソン病の症状

パーキンソン病について解説された動画は
こちらをご覧ください。

【福島ドクターズTV「パーキンソン病」】

一般の方へのインタビューなどで
パーキンソン病へのイメージや
実際にかかった方へのインタビューなどがありますが、
幻想や妄想というのは出てこないと思います。

あくまでパーキンソン病は
運動機能に関しての症状ということになるのです。

関連記事:「レビー小体型認知症の症状と進行性」

 

レビー小体型認知症とパーキンソン病の併発

レビー小体型認知症と
パーキンソン病の併発は十分にあり得ます。

レビー小体型認知症の症状を語る時には、
パーキンソン病の症状という説明が
なされているケースもあるくらいなので、
密接な関係があると言えます。

なぜなら原因となるのは、
どちらもレビー小体だからです。

レビー小体が現れる場所によって、
発症する病気が異なるのです。

 ・大脳皮質:レビー小体型認知症
 ・脳幹:パーキンソン病

このような関係があるために
併発は十分にあり得ます。

レビー小体型認知症と診断されて
パーキンソン病の症状も見られるケースも、
パーキンソン病からレビー小体型認知症と診断されるケースもあるのです。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)