岐阜 淡墨桜の開花情報で見頃を確認!ライトアップで綺麗な桜を見に行こう!

岐阜にある淡墨桜(うすずみざくら)と言えば、
日本でも有数の桜となります。

時期になるとライトアップされて、
夜に輝く姿はほんとに圧巻です。

誰もが感嘆の声を漏らすのではないでしょうか。

そんな私も、
毎年、淡墨桜を見続けて、何年となりますが、
その私が
この淡墨桜について紹介してみたいと思います。

ぜひ参考にして、
美しい姿を目に焼き付けてみて下さい。

SPONSORED LINK

淡墨桜について


岐阜にある
日本でも有名な淡墨桜は、
三大巨桜としても知られています。

何と
467年に維体天皇が植えた
という伝説も残っているほどですから、
いかに長生きかというのが分かると思います。

樹齢としては、
1500年以上であり、
高さは16m、胴回りは10m以上もあります。

もちろん
ひとりの人間が手をまわしたところで、
まわしきることは出来ません(笑)

この淡墨桜ですが、
名前の由来は、その色にあります。

満開時の桜は白色をしているのですが、
散り際になると、「薄い墨色」になるのです。

その光景はちょっと珍しいものとなっており、
初めて見る人は、
ビックリした声をあげる人もいるほどです。

やはり櫻は満開の時が一番綺麗ではありますが、
この淡墨桜については、
散り際もまた良いのでは。と思いますね。

 

淡墨桜の開花情報で見頃を確認


淡墨桜の開花情報ですが、
ネットなどを利用して確認することが出来ます。

ただし、基本ベースとして、
見頃の時期は下記ぐらいとなっています。

4月上旬~4月中旬

おおよそではありますが、
4月上旬から開花が始まり、
少しずつ花開き満開に近づいていくというところでしょうか。

天候によって微妙な違いこそあれば、
大きく外れることはありませんので、
これを参考にしてみると良いです。

また、この情報を基本としたうえで、
下記のサイトのチェックも忘れずにすると良いでしょう。

⇒本巣市 観光ピックアップ》
https://www.city.motosu.lg.jp/sight/live/

こちらのサイトでは、
淡墨桜の開花情報やライブ中継などが掲載されており、
お花見に行く際には
非常に参考になるサイトとなっております。

本巣市のサイトとなっておりますので、
見て損するということはないかと思います。

 

ライトアップについて

淡墨桜の見方として、
昼間の明るいうちに満開の桜を見るというのも良いですが、
夜にライトアップされている姿を見る
というのも1つの醍醐味です。

真っ暗な夜空の中にライトアップされた桜は、
綺麗な色をさらに輝かせてくれます。

ライトアップの時期としては、
3月下旬~4月下旬までとなっており、
時間は、
18時40分~21時までとなっています。

見たことがないという人は、ぜひぜひ一度お試しアレ!!

 

 

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)