葵祭 巡行コース良い場所で見る!どの時間が良いタイミング?

京都を代表するお祭りの1つが葵祭だと思います。

全国から
たくさんの観光客が訪れるこのお祭りは、
見どころがたくさんあります。

その数ある見どころの中でも、
1番の見どころはどこか?

今回は、
そこにスポットを当てて紹介したいと思います。

京都人が教える、絶景ポイントです。

ぜひ1度観光に来て、見て帰って下さいね。

SPONSORED LINK

葵祭の魅力


まるで平安時代のよう・・・

葵祭の魅力を一言でと言われたら、
こう答えます。

葵祭は、
京都を代表するお祭りの1つとなっており、
あの源氏物語にも描かれているほど、
歴史は古く由緒正しいお祭りなのです。

この葵祭では、
当時の衣装をまとった方々が、
京都の街を巡回します。

この様子こそ
葵祭に来たら、一番の見るべきところであり、
平安時代を感じさせてくれるポイントですね。

ただただ
衣装に目を奪われ楽しむのも良し、
それぞれの役割などを調べながら見るのも良いかと思います。

このように
平安時代にタイムスリップしたかのように、
身近に感じられるのが、葵祭の魅力です。

 

葵祭の見どころな巡回コースの場所

葵祭で行われる巡回ですが、
もちろん事前にコースは決まっています。

いつどこで何をするか
というのが決まっていますので、
逆を言えば、
ピンポイントで見に行きたいところに行けるということです。

では、その巡回コースの中でも、
見どころの場所ですが、
一番は社頭の儀となります。

この中で行われる舞は優雅なものであり、
見ている人を魅了します。

独特の雰囲気の中での舞というのは、
なかなか見ることは出来ません。

この社頭の儀だけでも見る価値があると言えるほどです。

また、
路頭の儀というのも、もう1つオススメとなります。

これは、
500人余りの人が行列を作って歩く姿を見ることが出来ますが、
当時の衣装を様々、見てとることが出来、
非常に見ごたえのある風景となるでしょう。

葵祭では、
大きく2つの見どころがあるかと思います。

私は、どちらかと言えば、
社頭の儀がオススメではありますが、
初めて見る方は、
路頭の儀で
その雰囲気を味わうというのも良いかと思います。

 

葵祭巡行コース写真撮影などの人気場所

By: nappa

これだけ壮大なお祭りであるため、
やはり当日は観光客も多く、
写真撮影の人気の場所となれば混雑しています。

特に神社境内の中では、
人気の場所となっていますので、
非常に混雑し、あっちに押され、こっちに押され
なんていうのは覚悟するしかないですね。

もしゆっくり見たいとか、
ゆったり撮影したいというのであれば、
神社から離れた加茂街道がオススメです。

ここであれば、
それほど混雑しておらず、
見るのも、写真撮影も
ゆっくりと落ち着いてすることが出来ると思います。

おすすめは
鴨川沿いの加茂街道で
時間は「午後」です!!

スポンサーリンク



コメント入力

*
*
* (公開されません)