冷蔵庫の一人暮らし用のサイズの目安。大きめが良いのかな?

一人暮らしをする時に適した冷蔵庫のサイズはどの位でしょうか?

大きすぎても場所を取ってしまうし、
かといって
小さければ食材を入れておくことができないし・・・

一人暮らしの場合のサイズはどの位が目安なのでしょうか。

SPONSORED LINK

一人暮らし用の冷蔵庫サイズとは

一人暮らしはちょっと寂しい冷蔵庫のサイズを選ぶ時に、考えてほしいことがあります。

「自炊をするのかどうか」

自炊を頻繁にするという方であれば
食材を多く収納できるスペースが必要になってきますし、
大きめの鍋をそのまま入れることのできるスペースがあれば
更に良いですよね。

逆に自炊をしないという方であれば
食材をしまう必要もありませんし、

ペットボトルなどが収納できる、
必要最低限の収納スペースさえあれば十分なのです。

なので、
自炊をするかしないかで冷蔵庫のサイズは変わってくる
という事を覚えておきましょう。

具体的なサイズですが

自炊を程々にするという人であれば
140Lサイズの冷蔵庫であれば大丈夫です。

「自分は毎日自炊をするんだ!」
という人は 200Lサイズの冷蔵庫を選びましょう。

自炊をほとんどしない方であれば
80Lサイズ程で事足ります。

 

大きい方が良い?小さい方が良い?

悩んでる女性大きい方が良いか、小さい方が良いか。

それぞれのメリットとデメリットを理解した上で
冷蔵庫を選ぶのが良いです。

 

メリット

大きいサイズの冷蔵庫は
電気代が割安になっている物が多くて
エコ機能も付いている商品が多くなっています。

また、
サイズに余裕があるため
食材の出し入れが楽になりますし、
冷蔵庫内の整理整頓が楽になるといったメリットがあります。

 

デメリット

デメリットとしては
サイズが大きいために
一人暮らしのキッチンでは邪魔になってしまう事が多いです。

サイズが大きいので
場所を取られてしまい、キッチンが窮屈になってしまいます。

小さい冷蔵庫は
単純に場所を取らないというメリットがあります。

ですが、
小さい冷蔵庫はモーター音が大きかったり
電気代が割高になっているというデメリットがあります。

大きい方か小さい方か迷ったときには
自分のライフスタイルを把握した上で選ぶこと
が重要となります。

 

電気代はどれぐらいなのか

節約しようぜ冷蔵庫の電気代がどのくらいかかるのかを知るための
「計算式」があります。

冷蔵庫の説明書などに
年間消費電力量が記載されています。
そしてそれを利用して電気代を求めることができます。

年間消費電力 × 1kWhあたりの電力量単価 = 年間電気代

となります。

電力量単価は
ご自身が契約されているプランなどによって変わってくるので
ご確認ください。

この計算式で求めることができる電気代は
あくまで目安です。

使用状況によって変わってきますので・・・

この計算式を
販売されている冷蔵庫(138L、365L、455L、608L)ごとに求めた方がいました。

その方検証結果を見ていきましょう!

各冷蔵庫の年間電気代

・138L → 7254円
・365L → 8291円
・455L → 5700円
・608L → 5441円

このような結果になりました。

驚きですよね。
なぜって、
大きい冷蔵庫の方が電気代が安いんですから。

また、
365Lは2~3人暮らし向けサイズですが
それが一番電気代が高くなってしまうようですね。

電気代が安いからと言って
一人暮らしをするのに608Lの冷蔵庫を買ってしまえば
持て余してしまう危険があるので
購入の際には十分気を付けてくださいね。

 

オススメの冷蔵庫

By: John Loo

「結局なんの冷蔵庫を選べばいいのさ?」

という声が聞こえてきた気がするので
一人暮らしにオススメの冷蔵庫をご紹介します。

・シャープ 137L 2ドアノンフロン冷蔵庫

137Lの内訳として
冷蔵室が91L、冷凍室が46Lと丁度良くなっています。

またドアを左右どちらからも開くことができちゃいます。

年間電気代は6380円(目安)です。

コスパも良いのでお勧めです!

 

・ハイアール 106L 2ドア冷蔵庫

冷蔵室73L、冷凍庫33Lとなっています。

年間電気代は6210円(目安)となっていて安くなっています。

それに本体価格も安いのでオススメの冷蔵庫です。

 

 

・ハイアール 40L 1ドア冷蔵庫

「飲み物を収納するだけの冷蔵庫が欲しい!」
という方にはこちらをお勧めします。

40Lサイズでとてもコンパクトになっているので
食材を収納することは難しく
飲み物をしまうのに特化しています。

年間電気代は2420円(目安)となっています。

 

 

どの冷蔵庫を選べばよいかは
ご自身が
どのようなライフスタイルを送るのかで変わってきます。

電気代を気にするのであれば
小さいサイズよりは大きい方がお得である傾向にありますが

持て余してしまったり、
邪魔になってしまうこともありますので
寸法をしっかりとってから購入した方が失敗を防げると思います。

 

スポンサーリンク

コメント入力

*
*
* (公開されません)