結婚式余興ソングで人気な曲をランキングで発表!洋楽は盛り上がらない!?

結婚式の余興と言えば、
『歌』というのはやっぱり定番じゃないかと思います。

複数人で歌う人、一人で歌い上げる人、
ダンス付きでパフォーマンスする人など、
余興の形も様々です。

そんな結婚式の余興ソングですが、
どんな曲が人気でしょうか?

そこで、20代も後半にさしかかってきて、
ここ数年、
友人の結婚式に参加しまくっている未婚の私が、
結婚式で人気の余興ソングについて紹介したいと思います。

よく聞く曲や個人の主観も交えつつ、
ランキング形式で発表!!

結婚式で何歌おうか迷っている方は、
ぜひ参考にしてみて下さいね。

SPONSORED LINK

結婚式の余興

By: bm.iphone

結婚式の余興と言っても、
その種類は実に豊富です。

やっぱりよくあるのが
「複数人で歌を歌ってくれる」というものですが、
それ以外にも、友人の結婚で色々なものを見てきました。

ダンス、手紙を読む、ビンゴゲーム、劇、漫才、バンド、手品
などなど。

同じものでも会場が違えば
盛り上がる時もあれば、スベる時も・・・

そう考えると、
結婚式で余興をやるというのは、
なかなかハードルが高い気もしますが、
その中でも鉄板のものもありました。

1つはあいうえお作文

これは、何か新郎新婦にまつわる文字で、
あいうえお作文するというものですが、分かりやすく、ほぼウケます。

その場で書いたりするとより盛り上がるのですが、
これは会場次第で可能かどうかが分かれます。

2つ目は、新郎新婦の取り説の紹介です。

新郎新婦の友達が、
新郎新婦の取り説と称して、
様々なことを説明していきます。

例えば、
新郎はゲームしている時に話しかけられると怒りますとか、
新婦は記念日忘れると、ショートしますということです。

やはり主役は新郎新婦なので、
それにまつわる内容ですと、皆、興味を持つものです。

注意する点は、あまり内輪ネタにならないことと、
新郎新婦のプライベート過ぎる部分には突っ込み過ぎないこと。

あくまで節度を持った取り説にすることが大切です。

これら2つは今まで行った結婚式の中でも鉄板の2つでした。

やっぱり余興をやるなら、外したくないですよね。

そのため、
準備期間がなくても、
何がやるかはよくよく考えたほうが良いです。

もし困ったら、やっぱり歌が手軽で一番かなと思います。

前置きが長くなってしまいましたが
次は、どんな歌がウケるのか、紹介していきたいと思います。

 

結婚式余興ソング人気ランキング

結婚式の余興として歌われる歌で
人気のものを紹介していきたいと思います。

今回は、
男性編女性編意外編という3ケースでご紹介!

 

まずは、男性編です。

1位:世界に1つだけの花(スマップ)


もはや
定番中の定番の1曲ではないかと思います。

結婚式で歌えば、
ほぼ参加者全ての人が知っているこの曲なら、
大盛り上がりすること間違いなしです。

歌詞カードを準備して、
会場に配って貰ったりすると、
皆で合唱という形となり、
新郎新婦への皆からの歌のプレゼントにもなります。

歌としてあまり難しくなく、
気軽に歌えるというのも良いですよね。

 

2位:R.Y.U.S.E.I.(三代目 J Soul Brothers)


こちらも
男性からの人気が圧倒的に高い1曲となります。

何と言っても特徴は、
そのダンスの振り付け、ランニングマンの部分にあります。

せっかくなら歌だけではなくて、
ダンスも一緒に披露すると、かなり盛り上がると思います。

歌としては、キーが高いので、
ちょっと歌える人が限られてくるかも・・・

でも、綺麗に歌い上げて、
ダンスもバシっと決まれば、拍手喝采は間違いないです。

 

3位:乾杯(長淵剛)


硬派な男性から人気の曲がこちらの曲です。

お父さん世代には好きな人もたくさんいて、
若い人が歌い上げると、
盛り上がること間違いなしです。

しっとりと歌い上げる曲は、
ギターの弾き語りが出来れば一番ですね。

これらの曲が、男性に人気の曲になります。

男性の方で余興の歌に迷ったら、
この中から選んでみてはいかがでしょう?

 

 

続いて女性編の紹介です。

1位:Can you celebrate(安室奈美恵)


女性の曲で結婚式の歌と言えば、
もはやこれ以外、考えられないという人も
多いのではないでしょうか?

長年活躍している偉大なアーティストの有名な曲は、
多くの世代の人が知っている曲です。

上手く歌えることが出来れば、感動を呼ぶ1曲です。

ぜひぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

2位:Butterfly(木村カエラ)


こちらも結婚式では、
もはや定番の1曲となっています。

余興の歌で披露されなくても、
バックミュージックとして流れていることも、
多いかと思います。

木村カエラさん自身も、
友人の結婚のために作ったと言われる曲ですから、
結婚式での余興にはピッタリの曲ですね。

 

3位:ありがとう(いきものがかり)


歌のタイトルのように
感謝の意を込めた歌になります。

新郎や新婦にありがとうと伝えたい場合は、オススメ!

以前、私が参加した結婚式では、
友人3人が号泣しながら歌ってました。

よほど絆が強いんだなって感じた瞬間ですね。

こちらでは、
女性に人気の曲をいくつか紹介しました。

 

どれも結婚式では定番の曲ばかりですね。

万人ウケする曲ですので、どれもオススメです。

 

最後に意外編として、
意外にオススメな曲をご紹介します。

 

1位:PERFECT HUMAN(RADIOFISH)


オリエンタルラジオの二人が
入っているグループとして有名な1曲がコチラ。

この曲ではあっちゃん役は
いかに役に徹することが出来るかがポイントです。

振り付けが完璧だと、ウケること間違いなしですね。

慎吾の歌もラップ調でテンポが速いので大変ですが、
替え歌なども上手く交えると、
思わずおぉ~!っていう歓声が沸きます。

凝った余興をやりたいのであれば間違いない選曲です。

 

2位:年下の男の子(キャンディーズ)


ちょっと上の世代の方々にウケるなら、
こっちの曲です。

若い人もきっと聞いたことがある曲となるでしょう。

アップテンポで楽しい雰囲気になる曲で歌いやすいですし、
ありきたりになってしまう曲選びの中で
センスを見せることが出来ます。

女性複数人で歌う場合、
こんな選曲も有じゃないかなって思いますね。

 

3位:マル・マル・モリ・モリ!


ドラマで話題になった1曲です。

こちらは参加してくれる子供がいるのであれば、オススメ!

振り付けなども練習して揃えることが出来れば、
会場から可愛い~っていう声が上がることは間違いないでしょう。

もちろんその時の主役は子供達ですけどね(笑)

でも、会場中がほっこりするそんな曲となっています。

男性・女性に人気の曲が、
結婚式で選曲されるど真ん中の曲であるならば、
ここで紹介したのは、
そこからはちょっと外れた曲でしょうか。

だからこそ、
意外性がありウケること間違いなしの曲となっています。

練習が必要な部分もありますが、
せっかくなら頑張ってみてはいかがでしょうか。

男性編・女性編・意外編とそれぞれ3曲ずつ紹介しました。

どれも多くの世代に受け入れられやすいものばかりです。

参考にしてみて下さいね。

 

洋楽でもいいか悩む…

結婚式の余興でたまに見るのが、洋楽の歌ですね。

歌の中でも邦楽と洋楽では、大きく意味合いが異なってきます。

ぶっちゃけ、
選択肢としてはかなり難しいと思ったほうが良いでしょう。

例えば、新郎新婦がどちらも英語を使う関係の仕事で、
結婚式の会場も英語が分かる人ばかりであれば、洋楽は全然アリです!

ただし、
自分が好きという理由だけであれば、
止めたほうが良いかもしれません。

邦楽以上に洋楽は知らないと、
まったくのることが出来ませんし、
ただただ飽きて、シラけてしまうばかりとなります。

洋楽を選ぶ際は、
その時の会場がどういった人で構成されているのか?

この点をしっかりと加味してあげる必要があります。

 

 

スポンサーリンク



コメント入力

*
*
* (公開されません)