ハウスウエディングの費用いくら?料金の違いを一般的結婚式と比較!

結婚式の形として、
人気なのがハウスウエディングですね。

きっと憧れている女子も多いんじゃないでしょうか。

ただ、ハウスウエディングとなれば、
やっぱり心配なのが費用というところですね。

そこで、
そんな結婚式には付き物の費用について、
説明したいと思います。

SPONSORED LINK

ハウスウエディングとは

By: National Library of Ireland on The Commons

まず、ハウスウエディングの説明からですが、
通常の結婚式が、式場やホテルでやるのに対して、
一軒家などで行う結婚式をハウスウエディングと言います。

そのため、
その日、会場は貸切で行うのが定番であり、
一軒家丸々を自由に使うことが出来ますので、
自由度の高い結婚式を演出することが出来ます。

プライベート感に溢れ、
理想の結婚式を実現することが出来る
ということで人気なわけです。

もちろん式場でやるのとは違い、
他のカップルと鉢合わせるなんていうこともありません。

そういった自分達だけの式
というのを叶えることが出来るのが、
何と言っても人気の秘密となっているんですね。

 

ハウスウエディングの費用はいくらかかる?

By: Jason Meredith

気になるハウスウエディングの費用ですが、
やはり
自由度の高い結婚式を実現できるだけあって、
費用は高いです。

一般的な平均金額ですが、
式場の場合、
60名程度呼んで250万円ぐらい
となります。

これに対して、
ハウスウエディングの場合は、320万円程度
となります。

つまり、同じ人数だったとしても、
70万円ぐらいの差となるわけです。

もちろん、式場とハウスウエディングの結婚式では、
式として出来ることが違ってきますし、
内装などにもこだわることが出来ます。

そういった結果が
費用の差となって表れてくると言って良いでしょう。

一生に一度の結婚式とは言いつつも、
やはり費用については、
どのカップルも気になるところだと思います。

ただし、
ここで紹介した費用はあくまで一般的な費用であり、
結婚式の費用を決めるのは、「内容次第」です。

内容によっては、
ハウスウエディングでも、十分に安くあげることも出来ますので、
どこを華やかにして、どこを抑えるかを
しっかり決めることが大切です。

 

ハウスウエディングのメリットデメリット

By: kenji ross

最後に
ハウスウエディングのメリットとデメリットを紹介します。

 

<メリット>

  • プライベート感に溢れた式にすることが出来る。
  • 自分達の思い描く式にすることが出来る。
  • 他のカップルに出会うことがない。

 

<デメリット>

  • 費用が高くなりがち。
  • 駐車場の整備などが足りないケースがある。

 

このように
ハウスウエディングには、
それぞれメリットとデメリットがあります。

自分達が思い描ける結婚式に出来るよう、
どちらもしっかり把握しておきたいですね。

 

 

Sponsored Links



コメント入力

*
*
* (公開されません)